カニ・ブリ・和牛も入った富山名産駅弁「とやま弁当」、東京都の駅で販売中

 

駅弁「とやま弁当」(1,300円・税込)販売中

富山県はこのほど、JR東日本やNREらと連携し、東京駅にて駅弁「とやま弁当」(1,300円・税込)の販売を開始した。

同品では、富山県産食材を中心に使用。「紅ずわい蟹ちらし」「とやまポークロースト」「ぶりかまステーキ」「白海老浜焼き」「とやま牛すき煮」などを詰めた弁当となる。2015年末に行われた「東京駅ふるさと駅弁大会」では数量限定400個の先行販売品が完売するなど、好評を博したとのこと。

また、「とやま弁当」に同封されているアンケートハガキに必要事項を記入して応募すると、抽選で100人に富山県産品があたるキャンペーンも実施している。

同品は現在、東京駅の「駅弁屋 祭」のほか上野駅「駅弁屋 匠」、新宿駅「駅弁屋 頂」でも販売中。また、2月4日~10日には「東急百貨店 吉祥寺店」(東京都武蔵野市)で「富山県の物産と観光展」も開催される。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー
[09:02 6/29] エンタメ
【連載】グローバル企業が押さえておきたいITインフラの勘所 第4回 データセンターをどう選ぶ?知っておきたい4つのカテゴリー(前編)
[09:00 6/29] 企業IT
【レポート】家電量販店は"男性社会"にあらず - ビックカメラ女性人事に聞く
[09:00 6/29] 経営・ビジネス
フット後藤、指原2連覇で"喜んでいた"を否定「すげぇなという驚きです!」
[08:13 6/29] エンタメ
横山裕、フット後藤のMC術に敬服「『日本一!』まで言うたろかなと」
[08:13 6/29] エンタメ