カニ・ブリ・和牛も入った富山名産駅弁「とやま弁当」、東京都の駅で販売中

  [2016/01/22]

駅弁「とやま弁当」(1,300円・税込)販売中

富山県はこのほど、JR東日本やNREらと連携し、東京駅にて駅弁「とやま弁当」(1,300円・税込)の販売を開始した。

同品では、富山県産食材を中心に使用。「紅ずわい蟹ちらし」「とやまポークロースト」「ぶりかまステーキ」「白海老浜焼き」「とやま牛すき煮」などを詰めた弁当となる。2015年末に行われた「東京駅ふるさと駅弁大会」では数量限定400個の先行販売品が完売するなど、好評を博したとのこと。

また、「とやま弁当」に同封されているアンケートハガキに必要事項を記入して応募すると、抽選で100人に富山県産品があたるキャンペーンも実施している。

同品は現在、東京駅の「駅弁屋 祭」のほか上野駅「駅弁屋 匠」、新宿駅「駅弁屋 頂」でも販売中。また、2月4日~10日には「東急百貨店 吉祥寺店」(東京都武蔵野市)で「富山県の物産と観光展」も開催される。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

離職者が感じた「働きづらい上司」の特徴ランキング、1位は?
[12:37 6/1] マネー
ソフトバンク、アリババ株式を一部売却 - アリババ株79億米ドルを資金化
[12:34 6/1] 企業IT
高島彩、第2子次女出産! ゆず北川悠仁「二児の親父、頑張ります!!」
[12:26 6/1] エンタメ
【レビュー】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが199ドルの"Polaris"ベースGPU「Radeon RX480」を電撃発表
[12:21 6/1] パソコン
バンダイ「LINE」公式アカウントが6/7オープン、たまごっちスタンプを配布
[12:12 6/1] ホビー