中国人が訪れたい国、3年連続で日本がトップに - 「日本に歓迎されている」

 

オンラインメディア「トラベルズー」を運営するトラベルズー・ジャパンはこのほど、中国本土における2016年の旅行者の傾向を発表した。同調査は2015年11月16日~12月19日、トラベルズー中国の会員2,111人を対象に実施した旅行に関する意識・動向調査の結果をもとにしている。

「2016年に訪れたい場所はどこですか?」

調査対象者に2016年に訪れたい場所について聞いたところ、最も多かったのは「日本」(39.24%)で、2014年以来3年連続で1位となった。以下、2位「アメリカ」(33.05%)、3位「オーストラリア」(28.19%)、4位「ニュージーランド」(28.10%)、5位「台湾」(21.52%)と続いた。

次に、日本で旅行する際に宿泊してみたい部屋を尋ねたところ、「温泉エリアや京都、北海道などの都市圏外の旅館の露天風呂付部屋」(53.40%)が最多となった。次いで「東京や大阪などの都市でのビジネスホテル」(40.60%)が2位、「温泉エリアや、京都、北海道などの大都市圏外の旅館での和室」(38.80%)が3位にランクインした。

日本旅行の際に食べてみたい日本食について質問したところ、1位「寿司、刺身」(51.90%)、2位「和食・懐石料理」(49.60%)と日本料理が続き、3位には「和牛ステーキ」(40.00%)がランクインした。そのほか、「ラーメン」(27.50%)や「居酒屋」(26.00%)、「日本の家庭料理」(18.50%)、「そば・うどん」(13.70%)なども10位以内に入った。

日本旅行の際に食べてみたい日本食

中国人旅行者を歓迎していると思う国について聞くと、「日本」(16.53%)が1位に。後には、2位「タイ」(14.62%)、3位「中国」(10.25%)、4位「韓国」(8.33%)、5位「アメリカ」(5.60%)と続いた。「日本に歓迎されている」と思う中国旅行者が最も多いという結果となった。同社はその要因について、「中国語での表記や接客ができる店舗が増えてきていること」などを挙げている。

中国人旅行者を歓迎していると思う国

最後に、2016年の旅行回数と予算をたずねると、2016年の平均旅行予定回数は1.96回となり、2015年(1.84回)と比べ微増となった。予算も平均で3万9,060元(日本円で69万9,579円相当)と、2015年(3万7,007元・日本円で66万2,827円)よりも増加しており、1回の旅行の予算も上がる傾向にあることがわかった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「ぼのぼの×HELLO KITTY」新作や「ぼのちゃん」初グッズを夏コミで販売
[15:46 7/31] ホビー
[高橋愛]“ハリポタ愛”語る 「一緒に年を重ねている感じ」
[15:26 7/31] エンタメ
[真田丸]長宗我部盛親役の阿南健治がゆかりの地・高知へ 「龍馬だけではなく盛親も応援して」
[15:20 7/31] エンタメ
カリスマ実演販売士・レジェンド松下の「実力」
[15:05 7/31] エンタメ
『妖怪ウォッチ』最新版「ドリーム」発売、メダルでゲーム・筐体と連動
[15:00 7/31] ホビー