大島僚太はイランのカウンターを警戒「奪われ方に気をつけないと」

サウジアラビア戦で先制点を決めた大島(左から2番目)[写真]=Getty Images

 22日に行われるAFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝で、U-23日本代表はU-23イラン代表と対戦する。試合前日の公式練習を終え、MF大島僚太が記者団の取材に応えた。

 宿舎でイランの試合を見たという大島は、「すごくラインが高くてコンパクトにしてくるので、変な奪われ方をしたらカウンターを食らうと思いますけど、そこは考えすぎずに上手く背後を取るということを今までやってきているので、ハマれば良い結果が出ると思います」と印象を口にした。

 グループステージ初戦の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)戦の試合後には「『体が動かないな』って思いました」と緊張していたことを明かしたが、一発勝負の決勝トーナメントに向けては「だんだん緊張してくると思いますけど、今はそんなにしてはないです」と、緊張していない様子。

 イランは、日本がグループステージ第2戦で対戦したタイと同じ4-1-4-1のフォーメーションで準々決勝に臨むと予想されている。「タイよりも前からすごく来る」と警戒する同選手は、「奪われ方は気をつけないといけないですし、奪われるつもりでやるわけではないですけど、その場所は考えながらプレーしないといけない」と、準々決勝の戦い方について言及した。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事