バルサMFマスチェラーノ、1年の懲役判決か…罰金を払い収監回避へ

  [2016/01/22]

昨年10月に出廷したマスチェラーノ [写真]=Europa Press via Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノに懲役1年の判決が言い渡されたことが明らかになった。21日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 マスチェラーノはアメリカとポルトガルに設立した企業を利用し、自身の肖像権に関わる収入を申告していなかったとして、2011年に約58万7822ユーロ(約7900万円)、2012年に約96万8907ユーロ(約1億3000万円)の合計155万6729ユーロ(約2億1000万円)もの脱税を行った疑いが持たれている。

 同紙によると、裁判で懲役1年と罰金81万5000ユーロ(約1億円)との判決が下された模様。一方、同選手の弁護士は懲役刑の代わりに2万1000ユーロ(約265万円)前後の罰金を支払うと要求しており、収監は避けられる見通しとなっているという。

 なお、同選手はすでに滞納した税金と利息の支払いを終えている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR東日本E721系1000番台、4両固定編成の新造車両導入 - 719系は順次廃車に
[19:19 5/26] ホビー
外食売上高、5カ月連続増 - ファーストフード好調
[19:17 5/26] マネー
【レポート】飲み過ぎ注意とアドバイス!? 健康管理アプリを配信するキリンの狙い
[19:16 5/26] 経営・ビジネス
オンキヨー、太鼓芸能集団「鼓童」とコラボしたハイレゾDAP&イヤホン
[19:12 5/26] 家電
[PS4]4000万台突破 歴代PSハードの最速ペース維持
[19:08 5/26] ホビー

特別企画 PR