バルサMFマスチェラーノ、1年の懲役判決か…罰金を払い収監回避へ

 

昨年10月に出廷したマスチェラーノ [写真]=Europa Press via Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノに懲役1年の判決が言い渡されたことが明らかになった。21日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 マスチェラーノはアメリカとポルトガルに設立した企業を利用し、自身の肖像権に関わる収入を申告していなかったとして、2011年に約58万7822ユーロ(約7900万円)、2012年に約96万8907ユーロ(約1億3000万円)の合計155万6729ユーロ(約2億1000万円)もの脱税を行った疑いが持たれている。

 同紙によると、裁判で懲役1年と罰金81万5000ユーロ(約1億円)との判決が下された模様。一方、同選手の弁護士は懲役刑の代わりに2万1000ユーロ(約265万円)前後の罰金を支払うと要求しており、収監は避けられる見通しとなっているという。

 なお、同選手はすでに滞納した税金と利息の支払いを終えている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

想像を超える風景! 北海道「ファーム富田」のラベンダーにまた会いたくなる
[10:00 7/28] 趣味
2016年夏ドラマ、傾向分析&オススメ5作発表! - リオ五輪を控える「逆境の夏」にイチかバチかの大勝負
[10:00 7/28] エンタメ
H-IIBロケット6号機がプレス公開 - 交換用バッテリ等を宇宙ステーションへ運ぶ
[10:00 7/28] テクノロジー
ワイヤレスキーボードから入力内容を窃取、75m先からも可能
[09:53 7/28] 企業IT
ジョージ・ハリスンの未発表曲がリリースへ
[09:48 7/28] エンタメ