手倉森監督、「ミスしたら負け」の準々決勝は「見応えあるゲームに」

 

U-23日本代表を率いる手倉森監督 [写真]=Getty Images

 22日に行われるAFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝で、U-23日本代表はU-23イラン代表と対戦する。U-23日本代表を率いる手倉森誠監督が前日会見に臨んだ。

 日本は、3連勝でグループB首位通過を遂げた。「これからの日本のサッカー界を支える選手たちを鍛えたい」と語る手倉森監督は、グループステージ3試合では招集した23名のうちGK牲川歩見を除く22名を起用。準々決勝の先発メンバーについては「耐えながらやれば勝てるんだという認識のなかで、疲労などを考えながら練りたい」とコメントした。

 イランの注目選手を問われると「正確に名前を把握していないです(笑)」と述べたものの、「恐い選手はもの凄く揃っている。アタッカーは破壊力があると感じています。センターフォワードとサイドの選手はスピードがありますし、自由を与えてはいけないと思います」と警戒した。

「間違いなく厳しいタフなゲームになる。ほかの準々決勝の試合を含めてもイランと日本戦は見応えのあるゲームになる」と準々決勝を位置づけると、「勝負を分けるポイントはゴール。取るか取られるかだと思います。組織的にも戦術的にもスキル的にも高いものが求められるなかで、ミスをした方が負ける」とポイントを挙げた。そして、「集中力を高めて臨みたいです。とにかくイランを倒して、準決勝に進むことだけを考えて、90分もしくは120分を戦い抜きたいです」と、意気込みを口にしている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー