レノボ、 Xeon E3-1240 v5の搭載も可能なエントリーワークステーション

 

レノボ・ジャパンはこのほど、法人向けワークステーション「ThinkStation P」シリーズの新モデルとして、エントリークラスの「ThinkStation P310」シリーズを発売した。タワー型の「ThinkStation P310 Tower」とスリム型の「ThinkStation P310 SFF」をそろえる。直販価格は「ThinkStation P310 Tower」が税別132,000円から、「ThinkStation P310 SFF」が税別131,000円から。

ThinkStation P310 Tower

ThinkStation P310 SFF

CPUにSkylake世代のIntel Xeon E3-1240 v5やIntel Core i7-6700、Intel Core i5-6400が搭載可能なワークステーション。高い拡張性を備えており、用途に合わせて柔軟に構成を選択可能で、幅広い業務をカバーする。

このほかの仕様は、メモリが最大64GB DDR4(ECC対応)、ストレージが最大512GB PCIe NVMe SSD+16TB(Tower)、最大512GB PCIe NVMe SSD+9TB(SFF)、グラフィックスがNVIDIA Quadro K2200/M4000まで(Tower)、NVIDIA Quadro K600/K1200まで(SFF)。OSはWindows 10 Home / Pro 64bit、もしくはWindows 7 Professional SP1 64bit(ダウングレード権行使)。

本体サイズと重量は、「ThinkStation P310 Tower」が約W175×D426×H376mm/最大13kg、「ThinkStation P310 SFF」が約W102×D395×H338mm/最大9.2kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事