晴れた日に行きたい!横浜・元町周辺のリラックススポット5選

  [2016/01/21]

晴れた日に行きたい!横浜・元町周辺のリラックススポット5選

いち早く西欧文化の風を受けた馬車道周辺には、日本における西洋建築の先駆けとなったハイカラ建造物が点在しています。
中でもひときわ目をひくのは「神奈川県立歴史博物館」。
明治37年に横浜正金銀行本店として建てられた国の重要文化財で、館内では、明治時代の雰囲気と神奈川の歴史に触れることができます。

海の玄関・大さん橋。客船ターミナルですが、そのコンセプトは“庭のような港”。
天然芝とウッドデッキが広がる開放的な空間で、海や横浜の景観を眺めてゆったりくつろぎのひとときを過ごしましょう。

日が暮れたら、ベイエリアならではの美しい夜景が楽しめます。
「くじらのせなか」と呼ばれる客船ターミナルの屋上は、知る人ぞ知る絶景スポット。
鮮やかに彩られたみなとみらいの街を海越しに臨めます。

明治・大正・昭和初期に建てられた西洋館が昔のままの姿で残る山手の丘。
お屋敷を見て歩くだけでも楽しいですが、すてきなカフェやレストランがあるのもうれしいところ。

週末に訪れるなら、ぜひ「ON THE DISH」へ。
営業は毎週金曜日と土曜日だけですが、高台の緑に囲まれたサンルームという絶好のロケーションで、ナツメヤシの自家製酵母で作る美味しいパンをいただけるんですよ。

より洋館の雰囲気を楽しみたいなら「ローズガーデンえの木てい」もおすすめです。
港の見える丘公園の一角にある洋館「山手111番館」の地下1階にあるカフェで、横浜市の花であるバラをモチーフにしたケーキやドリンク、ソフトクリームをいただけます。

横浜の顔ともいえる「山下公園」。
関東大震災の瓦礫を埋め立て、昭和5年に日本初の臨海公園として整備されました。
海に沿って約700mの散歩道が続いています。
空を飛ぶかもめや海の上を行き交う船を眺めていると、とってもリラックスできますよ。

また、横浜駅東口とベイエリアの人気スポットを結ぶシーバスにのれば、みなとみらいや赤レンガ倉庫へのアクセスできます。

横浜のシンボル「横浜マリンタワー」。
開港100周年を記念して昭和36年に建てられました。
山下公園のすぐそばです。

街を一望できる展望フロアも魅力ですが、毎年11月から2月にかけては鮮やかなイルミネーションで彩られます。
今年は、星屑が降り注ぐかのように上から下へ流れ落ちる「スターダストイルミネーション」。

また、2階にある「マリンタワーショップ」では、アクセサリーや文房具など、マリンテイストな雑貨も販売されています。旅の思い出にぴったりですね。

いかがでしたか?
ファッションやインテリアなど、話題のお店が多く集まりショッピングのイメージも強い横浜ですが、のんびり旅気分を味わいたいときにもおすすめです。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ヤマハ、エントリー機ながらDolby AtmoやDTS:Xに対応するAVレシーバー
[21:59 5/24] 家電
[清水富美加]「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」ヒロインの魅力は「清純という名のエロス」
[21:44 5/24] エンタメ
安野モヨコ「鼻下長紳士回顧録」イメージした女性服が伊勢丹に
[21:31 5/24] ホビー
新たな完全ワイヤレスイヤホン「Aria One」 - e☆イヤホンで先行販売
[21:09 5/24] 家電
ジョニデ、アン・ハサウェイ『アリス・イン・ワンダーランド』USプレミア登場
[21:03 5/24] エンタメ

特別企画 PR