「2016年本屋大賞」ノミネート10作品発表―ミステリー3冠作品、直木賞候補作など話題作出揃う

  [2016/01/21]

『朝が来る』(辻村深月/文藝春秋)

2016年本屋大賞ノミネート作品 ※作品名50音順

■『朝が来る』
著:辻村深月
価格:1,620円(税込)
発売日:2015年6月15日
出版社:文藝春秋

■『王とサーカス』
著:米澤穂信
価格:1,836円(税込)
発売日:2015年7月31日
出版社:東京創元社

■『君の膵臓をたべたい』
著:住野よる
価格:1,512円(税込)
発売日:2015年6月19日
出版社:双葉社

■『教団X』
著:中村文則
価格:1,944円(税込)
発売日:2014年12月15日
出版社:集英社

■『世界の果てのこどもたち』
著:中脇初枝
価格:1,728円(税込)
発売日:2015年6月17日
出版社:講談社

■『戦場のコックたち』
著:深緑野分
価格:2,052円(税込)
発売日:2015年8月28日
出版社:東京創元社

■『永い言い訳』
著:西川美和
価格:1,728円(税込)
発売日:2015年2月25日
出版社:文藝春秋

■『羊と鋼の森』
著:宮下奈都
価格:1,620円(税込)
発売日:2015年9月11日
出版社:文藝春秋

■『火花』
著:又吉直樹
価格:1,296円(税込)
発売日:2015年3月11日
出版社:文藝春秋

■『流』
著:東山彰良
価格:1,728円(税込)
発売日:2015年5月12日
出版社:講談社

 「2016年本屋大賞」の選考対象となったのは、2014年12月1日(月)から2015年11月30日(月)の間に刊行された日本のオリジナル小説。書店員自身が自分で読んで「面白かった」「お客様にも薦めたい」「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票している。『火花』や『流』、そして年末のミステリー3冠作品『王とサーカス』、さらに今回の直木賞候補となった『戦場のコックたち』『羊と鋼の森』など話題作が出揃った今回の10作品。今後は、2月29日(月)まで二次投票が行われ、4月12日(火)に「本屋大賞」が発表される。
⇒「2016年本屋大賞」公式サイト
http://www.hontai.or.jp/


本記事は「ダ・ヴィンチニュース」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[みのもんた]SNSは「露出狂」 ツイッター炎上騒動で“みの節”
[21:45 5/25] エンタメ
門井亜矢のフルカラー3姉妹ラブコメ「メロンくりーむソーダ」最終2巻
[21:43 5/25] ホビー
[永井豪]「批評家大賞」アニメ部門大賞に感慨 「ようやく認められたのかな」
[21:36 5/25] ホビー
谷川史子の新作1巻、さまざまな人物の「はじめて」にまつわるエピソード描く
[21:21 5/25] ホビー
丸尾末広が描く双子の愛憎ロマネスク「トミノの地獄」2巻に書店特典
[21:20 5/25] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR