東急電鉄、東京メトロと共同で中目黒駅高架下に商店街を整備 - 今秋開業へ

 

東京急行電鉄はこのほど、東京メトロと共同で「中目黒駅高架下開発計画」に着手したと発表した。東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下空間を約700mにわたって開発し、店舗・事務所など約40区画を設ける計画だ。

「中目黒駅高架下開発計画」完成イメージ

高架橋という"ひとつ屋根の下"に個性豊かなさまざまな店舗が入居することから、「シェア」を開発コンセプトとして設定。各店舗が各々の外装デザインで空間演出するほか、目黒川沿いには店舗用のテラススペースを設け、人や街に開かれた空間の創造をめざす。目黒川から祐天寺方面へ繁華街や住宅地を貫いて開発することで、駅周辺の既存の商店街や緑道との回遊性向上も図る。

敷地面積は約8,300平方メートル、延床面積約3,600平方メートル。設計・監理は東急設計コンサルタント、施工は清水建設が担当。今年秋の開業をめざす。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

次世代iPhoneの名称は「iPhone 6SE」で発売日は9月16日の噂 - 海外報道
[17:31 7/26] スマホとデジタル家電
35歳以上が選ぶ"理想の上司"、女性1位は天海祐希 - 男性は?
[17:30 7/26] キャリア
夫婦のLINE 第127回 マジで具合が悪くなった
[17:30 7/26] ライフスタイル
40・50代女性が感じる身体の悩み1位は「肩こり」 ‐ 心の調子は?
[17:29 7/26] ヘルスケア
アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー

本音ランキング