宇部興産、シクロヘキサノンの製法転換を決定 - フェノール法を導入へ

宇部興産は1月21日、同社の宇部ケミカル工場において、カプロラクタム中間原料であるシクロヘキサノンの製法転換を決定したと発表した。

同社は、ナイロン・カプロラクタムチェーンの構造改革による収益改善を図るため、カプロラクタムの抜本的なコストダウンや、ナイロン6の生産能力増強に伴う自家消費比率向上を進めている。その一環として今回、年産8万tの新工場を建設し、シクロヘキサノンの製法をフェノール法へ転換することを決定。2017年11月に新工場の完成を予定している。

フェノール法は、フェノールを選択水添してシクロヘキサノンを得る製法で、現在の製法と比較し、工程が短く、工場もコンパクトになり、原料からシクロヘキサノンへの収率が高いといったメリットがある。スチームと電力の使用量も削減でき、温室効果ガスの排出削減にも寄与するという。

なお、今回の製法転換により、宇部工場での1,6ヘキサンジオールおよび1,5ペンタンジオールは生産停止。タイの子会社からの輸入販売で供給を継続する。

同社は、ナイロン6の事業拡大戦略を推進しており、今回の製法転換によってさらなる拡大を目指すとしている。

シクロヘキサノン(アノン)の製法



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事