日中越境EC向け「銀聯ネット決済」の提供開始--ソフトバンク・ペイメント

 

ソフトバンク・ペイメント・サービス(以下、SBPS)は21日、訪日中国人観光客増加に伴い利用が拡大している越境EC向けの決済手段として「銀聯ネット決済」の提供を開始した。

事業者は幅広いサービスの展開・拡大が可能に

同社は「UnionPay(銀聯)」のメンバーシップライセンスを取得しており、「銀聯ネット決済」の申し込みから加盟店審査・提供まで、信頼性の高いサービスをトータルで提供する。越境ECを運営している事業者は、「銀聯カード」で支払いができる「銀聯ネット決済」を決済手段として導入することで、中国人観光客の訪日前の旅行サービス予約や訪日後の日本製品の購入など幅広いサービスの展開・拡大が可能になるとしている。

日中越境EC向け「銀聯ネット決済」

導入のメリットとしては、日本円に換算した上で事業者に入金するため、煩わしい外貨換算は不要となるほか、売上明細など日本語対応の管理ツールで確認できるため、安心して利用できるという。

SBPSは「弊社は2015年に『UnionPay(銀聯)』のメンバーシップライセンスを取得し、店舗向けとオンライン両方の決済サービスの提供を計画している。まずはオンラインの決済サービスをリリースし、店舗向けの決済サービスについては今春あるいは夏以降を予定している」と話している。

今回の提供を記念して、「銀聯ネット決済スタート記念キャンペーン」を実施。期間中、「銀聯ネット決済」を申し込んだ事業者を対象に、「銀聯ネット決済」の初期費用1万分を無料にする。期間は2016年2月29日まで。

銀聯ネット決済スタート記念キャンペーン

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『とと姉ちゃん』常子役の高畑充希「"常"という漢字は今、見たくない」
[20:32 9/29] エンタメ
iOS 10のコントロールセンターをもっと"深く"使う方法を紹介
[20:29 9/29] スマホとデジタル家電
アリーナツアーで2度目の日本武道館凱旋ライブ達成 - 「Kalafina Arena LIVE 2016」で3人のヴォーカリストが伝えたメッセージ
[20:23 9/29] ホビー
オリンパス、スイッチをスライドするだけで録音開始するICレコーダー
[20:17 9/29] スマホとデジタル家電
[CUTIE HONEY-TEARS-]西内まりや初主演作 石田二コルの“美”と“ドSぶり”にも注目
[20:15 9/29] エンタメ