日中越境EC向け「銀聯ネット決済」の提供開始--ソフトバンク・ペイメント

 

ソフトバンク・ペイメント・サービス(以下、SBPS)は21日、訪日中国人観光客増加に伴い利用が拡大している越境EC向けの決済手段として「銀聯ネット決済」の提供を開始した。

事業者は幅広いサービスの展開・拡大が可能に

同社は「UnionPay(銀聯)」のメンバーシップライセンスを取得しており、「銀聯ネット決済」の申し込みから加盟店審査・提供まで、信頼性の高いサービスをトータルで提供する。越境ECを運営している事業者は、「銀聯カード」で支払いができる「銀聯ネット決済」を決済手段として導入することで、中国人観光客の訪日前の旅行サービス予約や訪日後の日本製品の購入など幅広いサービスの展開・拡大が可能になるとしている。

日中越境EC向け「銀聯ネット決済」

導入のメリットとしては、日本円に換算した上で事業者に入金するため、煩わしい外貨換算は不要となるほか、売上明細など日本語対応の管理ツールで確認できるため、安心して利用できるという。

SBPSは「弊社は2015年に『UnionPay(銀聯)』のメンバーシップライセンスを取得し、店舗向けとオンライン両方の決済サービスの提供を計画している。まずはオンラインの決済サービスをリリースし、店舗向けの決済サービスについては今春あるいは夏以降を予定している」と話している。

今回の提供を記念して、「銀聯ネット決済スタート記念キャンペーン」を実施。期間中、「銀聯ネット決済」を申し込んだ事業者を対象に、「銀聯ネット決済」の初期費用1万分を無料にする。期間は2016年2月29日まで。

銀聯ネット決済スタート記念キャンペーン

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『24時間テレビ』林家たい平のマラソン走行距離が100.5kmに決定「いわおゴー」
[06:00 7/30] エンタメ
柴田理恵、母と似すぎで見分けがつかない『有吉反省会』に登場
[06:00 7/30] エンタメ
[チャリティーマラソン]歌丸師匠にかけて100.5キロに 林家たい平「楽しみと不安」
[06:00 7/30] エンタメ
屋内の熱中症対策に! ダイソーの猛暑対策グッズ5選
[06:00 7/30] ライフスタイル
今くるよに「世間知らず過ぎ」と苦言…ハローキティを"にゃんにゃん"呼ばわり
[06:00 7/30] エンタメ