米Citrix、社長兼CEOにMicrosoft出身のKirill Tatarinov氏を任命

Citrixは1月20日(米国時間)、キリル・タタリノフ(Kirill Tatarinov)氏を同社の社長兼CEOに任命したと発表した。同氏は1月25日付けで社長兼CEOに就任する。

米Citrixの社長兼CEOに就任するキリル・タタリノフ(Kirill Tatarinov)氏

同氏は直近では、マイクロソフト ビジネス ソリューション事業部(MBS)のエグゼクティブ プレジデントとして、Microsoft Dynamics の研究開発、セールス、マーケティングならびに運用の職務を担っていた。

2002年にマイクロソフトに入社する前は、BMC Softwareでシニア・バイスプレジデントと最高技術責任者(CTO)を務め、 BMC入社前は、Patrol Softwareを共同創業者として起こし、チーフ アーキテクト、研究開発部長も担っていた。

同氏は「このような素晴らしい時期に、Citrixの一員となれることを大変光栄に思います。Citrixはワールドクラスのブランド、革新的な製品、およびGlobal 500の99%を含む膨大な導入基盤を有する象徴的な企業です。Citrixはデジタルビジネスの成功の鍵です。すべての業界、地域にわたり、安全なアプリケーションおよびデータの配信は、あらゆる規模の企業にとって戦略的に不可欠です。Citrix のリーダーや、従業員、世界中のパートナーの皆さまと共に、イノベーションの限界を押し上げ、より大きな価値を創造していけるものと期待しています」とコメントしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事