ソニー、4K動画の記録に適したUHS-II対応のSDカード - リード約260MB/秒

  [2016/01/21]

SF-M128

ソニーは1月20日、UHS-IIに対応し高速連写や4K動画の記録などに適したSDXC / SDHCメモリーカード「SF-Mシリーズ」を発表した。32GB / 64GB / 128GBの3モデルを用意。3月12日から発売する。価格はオープンで、直販価格(税別)は容量128GBの「SF-M128」が47,880円、64GBの「SF-M64」が25,880円、32GBのSF-M32が13,380円。

SF-Mシリーズは、リード最大約260MB/秒、ライト最大約100MB/秒の高速転送が可能なUHSスピードクラス3のSDHC / SDXCカード。4K/100MbpsやXAVC Sで撮影した動画の記録、大容量のデータ転送に向いている。動作温度は-25℃~85℃。IPX7に準拠した防水性能のほか、耐X線性能を持つ。また、データ復旧ソフト「Memory Card File Rescue」を無償でダウンロード提供する。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

CentOS 6.8登場
[09:00 5/27] 企業IT
IT業界で働く日本女性は有利か!?女性エンジニアの実情に迫る - 日本MS
[09:00 5/27] 企業IT
Holst/imecがセンサネットや将来のIoT向けに低消費電力無線チップを開発
[08:30 5/27] テクノロジー
【コラム】Windows 10ミニTips 第85回 UWP版「電卓」をショートカットキーで便利に使う
[08:20 5/27] パソコン
【コラム】サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第53回 おすすめ投資信託は「ノーロード」&「インデックス型」&「バランス型」(1)
[08:00 5/27] マネー

特別企画 PR