ソニー、4K動画の記録に適したUHS-II対応のSDカード - リード約260MB/秒

 

SF-M128

ソニーは1月20日、UHS-IIに対応し高速連写や4K動画の記録などに適したSDXC / SDHCメモリーカード「SF-Mシリーズ」を発表した。32GB / 64GB / 128GBの3モデルを用意。3月12日から発売する。価格はオープンで、直販価格(税別)は容量128GBの「SF-M128」が47,880円、64GBの「SF-M64」が25,880円、32GBのSF-M32が13,380円。

SF-Mシリーズは、リード最大約260MB/秒、ライト最大約100MB/秒の高速転送が可能なUHSスピードクラス3のSDHC / SDXCカード。4K/100MbpsやXAVC Sで撮影した動画の記録、大容量のデータ転送に向いている。動作温度は-25℃~85℃。IPX7に準拠した防水性能のほか、耐X線性能を持つ。また、データ復旧ソフト「Memory Card File Rescue」を無償でダウンロード提供する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電
炊飯器だけで家族の夕食は作れる! 子どもが喜ぶトマトチキンライスプレート
[11:30 8/24] ライフスタイル