文字入力アプリ「Fleksy」の日本語版が登場 - ギネス級の高速タイプが可能?

 

KDDI研究所は21日、米Fleksyとともに、スマートフォン向け文字入力アプリ「Fleksy」の日本語版を開発したと発表した。同日から、Android版を公開している。Google Playよりダウンロードでき価格は無料。

「Fleksy」は、文字を誤入力した場合でもスワイプすることで自動修正できる

「Fleksy」は、独自の「ジェスチャー操作UI」により、スマートフォンにおける文字の誤入力を、スワイプするだけで自動補正できるアプリ。誤入力した場合でも正確な単語へ素早く変換できるため、高速な文字入力を実現するという。英語版はすでにリリースしており、2014年に樹立された文字入力の最速ギネス記録では「Fleksy」が使われた。

今回、公開された日本語版では、従来実装していた「QWERTY入力」に加え、日本語独自の入力方式である「フリック入力」にも対応している。そのほか、KDDI研究所の自然言語解析技術を活用し、日本語入力に対応した「ジェスチャー操作UI」と「誤入力自動補正機能」も搭載する。

対応機種は、Android 4.1以降を搭載したスマートフォン。YouTubeのKDDI研究所公式チャンネルでは、実際の操作イメージ動画を公開している。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

知事が妊婦になり実感「堪らんなこれは!」--脱"日本一家事育児に参加しない"
[07:00 10/2] ライフスタイル
“大食い女王”もえあず、ジャイアント白田も驚く食べっぷり!驚異の新人も登場
[05:00 10/2] エンタメ
後藤真希、本格声優に初挑戦! アニメ版『モンハン』にゲスト出演決定
[05:00 10/2] ホビー
米国発3DCGアニメ『RWBY VOLUME2』、初日舞台挨拶に早見・日笠・嶋村が登壇
[03:04 10/2] ホビー
『ろんぐらいだぁす!』、先行試写会開催! キャストが語る注目ポイントは?
[02:47 10/2] ホビー