日立INS、バックアップやデータ配信などオール日立で企業のBCP対策を支援

 

日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア(日立INSソフトウェア)は1月21日、沖縄県にあるデータセンターを活用したクラウドサービス「ちゅらうど」と、日立製作所の統合システム運用管理「JP1」を連携し、簡単にバックアップを実現する「ビジネスデータの遠隔保管ソリューション」を提供すると発表した。

同ソリューションは、ビジネスで活用する膨大なデータのバックアップおよびデータを高速転送するための仕組みに加え、データを保管するクラウドストレージの提供まで、オール日立でのワンストップ対応により、BCP(事業継続計画)の対策を可能とするものとなっている。

提供されるソリューションは2種類あり、1つめは、「ちゅらうど」とバックアップ管理「JP1/VERITAS NetBackup」の連携による「バックアップデータの遠隔保管ソリューション」。同ソリューションでは、保管したいデータの管理は拠点内のバックアップでも、クラウドのバックアップでも、すべて一元管理することが可能だとしている。拠点内で保管したいデータは拠点内にバックアップ、BCPの対策が必要なデータは「ちゅらうど」にバックアップと使い分けもできるという。

バックアップデータの遠隔保管イメージ

2つめのソリューションは、「ちゅらうど」と高速大容量ファイル転送「JP1/Data Highway」の連携による「大容量ファイルの遠隔保管ソリューション」。同ソリューションは、大容量ファイルを高速・高品質・安全に転送し、転送したファイルを沖縄県に保管するというもの。「転送途中の盗聴防止」、「誤送信防止」、「転送ファイルの取り消し」といったセキュリティ運用機能で情報漏えいのリスクを抑えており、企業間の重要ファイルの転送にも利用できるという。オンプレミス型とSaaS型から選択することが可能となっている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事