三菱ガス化学と東北大、LiBH4系固体電解質の量産化技術を開発

 

三菱ガス化学と東北大学 原子分子材料科学高等研究機構および金属材料研究所の折茂慎一 教授らの研究グループは1月20日、柔軟で電極層と密着しやすいLiBH4系固体電解質(LiBH4-LiI固溶体系およびLiBH4-LiNH2系固体電解質)の量産化技術を開発したと発表した。

同固体電解質は東北大が開発していたが、従来の製法では量産が困難だった。今回、有機溶媒を用いた溶媒法により量産が可能になったという。

今後、三菱ガス化学は、同固体電解質のサンプル提供を開始。また、1月27日~29日に東京ビッグサイトで開催される「nano tech 2016 第15回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」および、3月2日~3月4日に東京ビッグサイトで開催される「第7回 国際二次電池展」にて、同製法による同固体電解質を出展するとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

平成以降最悪の被害、障害者殺傷事件の深層に迫る『NHKスペシャル』
[09:00 7/31] エンタメ
さんま、中居へのSMAP騒動直撃は「本当にファンの気持ちで…」
[09:00 7/31] エンタメ
パンケーキや豚カツをプラス!? "進化系冷やし中華"を自宅で再現してみた!
[09:00 7/31] 趣味
「ゲームエンジン」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[09:00 7/31] スマホとデジタル家電
『イッテQ!』世界初!?の映像の撮影に成功!オーシャンズ金子が奇跡の海へ
[08:00 7/31] エンタメ