土屋太鳳、『下町ロケット』共演の阿部寛は「深い目で受け止めてくれた」

女優の土屋太鳳が20日、都内で行われた、第22回「ボウリングマスメディア大賞」の表彰式に出席した。

第22回「ボウリングマスメディア大賞」を受賞した土屋太鳳

同賞は、ボウリングのイメージアップに貢献したテレビ番組、CMなどを表彰するもの。今回は、昨年放送の連続ドラマ『下町ロケット』(TBS系)内で、ボウリングシーンを披露した土屋がグランプリに輝いた。

ピンクのミニドレスで登場した土屋は、「こんな素敵な賞を頂くことができて、大変光栄です。元々スポーツが好きで得意なので、ボウリングも上達したい」とにっこり。続けて、「友だちとゆっくりしたい時や気合いを入れたい時に行きます。スペアやストライクを取った時のスカッとした感じがたまらない」とその魅力を語った。

また、同ドラマで、主演を務めた阿部寛の娘・利菜を演じた土屋。「阿部寛さんは、利菜として土屋太鳳として、深い目で受け止めてくださった。感謝しています」と撮影を振り返り、「『下町ロケット』では愛情の深さ、技術者たちの誇りや覚悟を知りました。私も女優として覚悟を持ち、たくさんの人に愛情を届けられるように頑張りたいです」と新たな決意を語っていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事