IDCF、クラウド上に無料でサービスを公開できる「エコアライアンス」を開始

 

IDCフロンティア(IDCF)は1月20日、同社のクラウドサービスである「IDCFクラウド」上で、パートナーが自社の製品やサービスを自由に公開し、それらを顧客(ユーザー)が無償で試用できる機会を提供する「エコアライアンス」を開始した。

IDCフロンティア 取締役 兼 カスタマーサービス本部長 石田誠司氏

この「エコアライアンス」は、同社が昨年秋に発表したサービス戦略の1つである「データ集積地」の実現のための施策となっている。同社の取締役 兼 カスタマーサービス本部長を務める石田誠司氏は、「"サーバセンター"から"データセンター"にようやくなろうと決心した。これまではお客さまのサーバを預かり、それを運用するという"サーバセンター"であったが、ビッグデータやIoTをはじめとする、データをハンドリングする時代となり、ようやく本当の"データセンター"という定義ができるのではないだろうか。そうしたデータを集める場を、これから皆さまに提供していく」と語った。

「エコアライアンス」は、クラウド上にマーケットプレイスを公開し、パートナーを顧客と有機的につなげるという構想。キーワードとして「Land and Expand」が掲げられており、まず1回使ってもらい、納得してもらったら拡大・拡張していくという考え方となっている。

「フリーのエリアで、まずは使用感を味わってもらうことから始める」(石田氏)

「エコアライアンス」の考え方

同社は昨年12月にコミュニティテンプレート機能を公開し、これまではIDCFクラウド上に作成したテンプレートをユーザー自身が使うことは可能だったが、同機能によって、ほかのユーザーに公開し、ユーザーはそのテンプレートから仮想マシンを作成することが可能となった。これにより、ユーザーはCMS(Contents Management System)やバックアップ、脆弱性診断や運用監視といった各パートナーによる専門性の高いアプリケーションをクラウド上で自由に試行錯誤して、自社に最適なインフラを構築できるようになった。

コミュニティテンプレートの仕組み

IDCフロンティア ビジネス開発本部 パートナーセールス部 部長 霜鳥宏和氏

同社のビジネス開発本部 パートナーセールス部 部長を務める霜鳥宏和氏は、IDCFクラウドを運営していく中で見えてきたという、アライアンスの成功パターンについて、次のように述べた。

「1つめは、ユーザーに使ってもらう機会をかぎりなく増やすこと。2つめは、パートナー同士のサービスがつながること。ベンダー各社のサービスだけでは足りないものを、パートナーが補完することによって、付加価値のあるものに進化する。これがクラウド時代のアライアンスの新しいかたちではないだろうか」(霜鳥氏)

現在、すでに20社が「エコアライアンス」のパートナーに認定されており、パートナーから公開されているテンプレートの数は5点だという。その中には、イノベーション・ファームが提供する秘密分散技術を活用した「分散PortKey」や、フィックスポイントが提供するシステム運用の自動化基盤「Kompira」などが挙げられた。

「分散PortKey」は、秘密分散技術によりデータ(ファイル)を分割し、一断片からは解析できないファイルに変える技術

IDCFでは、今後パートナーを拡大し、今年度中に100社の参加を目標に掲げている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ブリトニー・スピアーズ、波に襲われ「溺死しそうだった」
[10:51 8/29] エンタメ
声優・麻倉ももがHoneyWorksプロデュースでソロデビュー決定
[10:37 8/29] ホビー
Mac Fan 10月号発売! 特集は「IBM x Appleのビジネス大変革」
[10:37 8/29] パソコン
全部200kcal以下! 残業後でもパパッと作れる「太らない残業ごはん」発売
[10:37 8/29] ヘルスケア
「老い」を感じるほど認知症になりやすいって本当?
[10:30 8/29] ヘルスケア