AMD、Fijiコアを採用したRadeon R9 Nanoの価格を改定 - 150ドルの値下げ

 

米AMDは20日、"Fiji"コアを採用したハイエンドGPU「Radeon R9 Nano」の価格改定を発表した。これまでの希望小売価格649ドルから150ドル値下げし、改定後の価格は449ドルとなる。これに合わせて日本国内でも「適切な価格帯」で提供するという。

「Radeon R9 Nano」は、2015年9月に発売したハイエンドGPU。グラフィックスメモリに広帯域メモリ「HBM」(High Bandwidth Memory)を搭載した"Fiji"コアを採用する。水冷クーラーを搭載したハイエンドモデル「Radeon R9 Fury X」と同じ4,096基のStream Processorを備えつつも、Mini-ITXサイズのゲーミングPCにも取り付け可能なコンパクトなカードサイズが特徴となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事