デル、2,048段階の筆圧検知に対応した8型/10.1型Windowsタブ「Venue Pro」

 

デルは20日、タブレットPC「Venue Pro」シリーズとして、8型モデル「Venue 8 Pro 5000」と、10.1型モデル「Venue 10 Pro 5000」の2モデルを発表した。1月20日に発売する。価格(税別)は「Venue 8 Pro 5000」が41,980円から、「Venue 10 Pro 5000」が55,980円から。

Venue 8 Pro 5000

Venue 8 Pro 5000

「Venue 8 Pro 5000」は、CPUにIntel Atomを搭載する8型Windowsタブレット。OSをWindows 10 Home / Windows 10 Pro / Windows 8.1 Home / Windows 8.1 Proから選択可能で、メモリも2GB / 4GBから、ストレージも32GB / 64GBから選択できる。ディスプレイ解像度も1,280×800ドットと1,920×1,200ドットを選択可能。IEEE802.11ac対応の高速無線LAN環境を利用できるほか、DDP SuitやTPMチップに対応するなどセキュリティ性も高い。オプションとして、2,048レベルの筆圧機能を備えるアクティブスタイラスペンも用意されている。

最小構成の主な仕様は、CPUがIntel Atom x5-Z8500、メモリがLPDDR3 2GB、ストレージが32GB eMMC、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)。液晶ディスプレイは10点タッチ対応の8型、解像度は1,280×800ドット。

主なインタフェースは、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.1(Miracast対応)、USB 3.0 Type-C×1、microSDメモリーカードスロットなど。本体サイズはW130×D216×H9.45mm、重量は約377.1g。

前面

背面

インタフェース類

Venue 10 Pro 5000

Venue 10 Pro 5000

「Venue 10 Pro 5000」は、画面サイズが10.1型のモデル。ストレージは最大128GBを選択可能で、フルサイズのバックライト付きキーボード付きモデルも用意。キーボードと組み合わせることで、ノートPCのように使うこともできる。OSの選択やオプションなどは「Venue 8 Pro 5000」と共通。

最小構成の主な仕様は、CPUがIntel Atom x5-Z8500、メモリがLPDDR3 4GB、ストレージが64GB eMMC、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)。液晶ディスプレイは10点タッチ対応の10.1型、解像度は1,920×1,200ドット。

主なインタフェースは、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.1(Miracast対応)、USB 3.0×2(1基はUSB 3.0 Type-Cでデータ転送とチャージ兼用)、MicroHDMI×1、microSDメモリーカードスロットなど。本体サイズはW262.6×D175.8×H9.85mm、重量は約662.1g。

オプションのバックライト付きキーボード

ディスプレイ部

バックライト付きキーボードとスタイラスペン

前面

背面

右側面

左側面

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ
Webデザインの考え方を4分で体験できるサイト
[14:50 7/29] 企業IT