バイエルンが育成部の責任者2名を解雇…ユース強化へ不満分子を一掃

  [2016/01/20]

バイエルンから解雇されたタルナト氏 [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ4連覇を目指すドイツ最大のクラブが、内部の不満分子を一掃した。

 19日、ドイツ紙『ビルト』が報じたところによると、元ドイツ代表MFミヒャエル・タルナト氏と、ユルゲン・ルング氏という育成部の2名が、同クラブと2017年まで契約を結んでいたものの、即日解雇されたという。

 同紙によれば、解雇理由は「下部組織の協調を乱した」ため。タルナト氏は2010年にバイエルン育成部の責任者に就任し、ユング氏も同スカウティング担当を務めていたが、今シーズン開幕前にハイコ・フォーゲル氏が新たに育成部長兼U-23バイエルン監督となったため、これが権力闘争に発展。『ビルト』紙によれば、「U-16監督に“降格”となったタルナト氏がユング氏とタッグを組み、自分たちの仕事に集中せず、フォーゲル氏ら新参者と折り合いが悪くなった」とのことだ。

 バイエルンは昨年10月、30ヘクタールの土地に下部組織育成センターを建設し始め、そこにかかる総工費は7000万ユーロ(約89億円)にも上る。「ユース年代の強化」という任務遂行のため、和を乱す人物は容赦なく切られていく様子だ。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

カレー沢薫さんの"3D"ロゼットを抽選で1名にプレゼント!
[12:00 5/30] テクノロジー
【連載】3Dペンでカレー沢薫さんを「立体化」してみた 第3回 カレー沢薫さん、光る
[12:00 5/30] テクノロジー
尾木ママ、舛添知事への怒り爆発「税金、公金にたかる寄生虫」
[11:55 5/30] エンタメ
Viibar、Yahoo! JAPANのデータ分析結果をもとにした動画広告商品
[11:40 5/30] 企業IT
【レポート】人工知能、VR、Chrome OS、開発者会議で示したGoogleの方向性
[11:33 5/30] 経営・ビジネス

特別企画 PR