光岡自動車「ガリュー」を一部仕様変更して自動ブレーキを全車に標準装備

光岡自動車は20日、同社のフラッグシップセダン「ガリュー」の一部仕様変更を行い、22日に発売すると発表した。

「ガリュー」

ガリューは、2015年9月に5代目モデルが登場した同社のフラッグシップセダン。今回の仕様変更では、これまで「25ST」グレードに設定のなかった「自動ブレーキ」が標準装備されている。これにより全グレードで自動ブレーキが標準装備となった。自動ブレーキには、「エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「フロント&バックソナー」が含まれている。

ガリューのグレード展開は、「25ST」「25DX」「25LX」の3タイプ。いずれも総排気量2,500ccで、ミッションにはエクストロニックCVTを採用、駆動方式は2WDとなる。ガリューの価格、25STが403万9,200円、25DXが440万6,400円、25LXが475万2,000円(いずれも税込)。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事