リバーベッドテクノロジー、SDNやSD-WANプロバイダーの独Ocedoを買収

リバーベッドテクノロジーは1月20日、SDN(Software-Defined Network:ソフトウェア定義型ネットワーク)やSD-WAN(Software-Defined WAN:ソフトウェア定義型ワイドエリアネットワーク)ソリューションのプロバイダである独Ocedoの買収を発表した。

現在、リバーベッドは次世代SDNソリューションをハイブリッドエンタープライズに提供し、アプリケーションのパフォーマンスとビジネスアジリティの向上を支援する取り組みに注力しており、今回の買収を事業戦略の強化につなげる考えだ。

SD-WANソリューションにはハイブリッドWANの導入と管理を合理化・簡素化する効果があり、企業のIT部門はその機敏性などを活かし、自社運用やパブリッククラウドのアプリケーションを迅速かつ安全に配信することができる。

Ocedoは拠点向けSDNソリューションを開発しているSDN分野のパイオニア的存在で、製品ラインにはセキュアゲートウェイやワイヤレスのアクセスポイントやスイッチのほか、ゼロタッチプロビジョニング、リモートデバイス/ネットワークサービスの集中管理を実現する統合型クラウド管理システムを揃えている。

リバーベッドは今回の買収により、2015年に発表したアプリケーション中心のSD-WANソリューションを市場投入するプロジェクトである「Project Tiger(開発コードネーム)」を推進していく方針だ。

同プロジェクトはクラウドによるゼロタッチのプロビジョニングと管理を実現し、従来型の拠点向けルータを使用する必要性がなくなる。同社では、2016年第1四半期に提供開始を予定している。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事