ソニー、「RX1R II」を2月19日に発売

 

ソニーは、4,240万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラ「RX1R II」(DSC-RX1RM2)を2月19日に発売する。2015年12月に、生産上の都合による発売延期を発表していた。

RX1R II

RX1R IIは2015年11月に国内発表されたコンパクトデジタルカメラ。当初、12月中旬発売としていたが、生産上の都合を理由に発売が延期されていた。2016年1月中旬頃に変更後の発売日を案内すると告知していたが、このたび正式に2月19日に決定。価格はオープンで、推定市場価格は税別430,000円前後だ。

RX1R IIは4,240万画素の裏面照射型「Exmor R」センサーを搭載した高級コンパクト機。世界で初めて、光学式可変ローパスフィルターを採用した。カメラの設定でローパスフィルターの効果を、オフ/標準/強の3段階に切り替えられる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

レオパレス21、全国の物件にAndroid TV対応STB「Life Stick」を標準設備
[15:46 6/30] 家電
「フラット35」利用者の平均年齢は39.8歳に - 5年ぶり低下
[15:35 6/30] マネー
ボンバルディア、Cシリーズ初号機をスイスインターナショナルに納入
[15:33 6/30] 趣味
NEC、導電性と吸着性をもつ新規ナノ炭素材料「カーボンナノブラシ」を発見
[15:31 6/30] テクノロジー
1年半で国内の顧客数は150社から325社に! ワークデイの事業戦略とは?
[15:30 6/30] 企業IT