米アカデミー賞会長、白人のみの候補に「心を痛めている」- 会員見直しへ

  [2016/01/20]

米アカデミー賞会長のシェリル・ブーン・アイザックス氏(C)BANG Media International

米アカデミー賞会長のシェリル・ブーン・アイザックス氏が、波紋を呼んでいる白人だらけの今年のノミネートについて、痛恨の意を明らかにした。

来月行われる授賞式で白人の俳優陣しかノミネートされず非難の声が出ていることについて、アイザックス会長は、来年度には大きく変化すると約束した。出された声明文で会長は「今年のノミネート者たちの素晴らしい業績をたたえたいと思います。その一方で、多様性の欠如については心を痛めていると共に憤りを覚えています」「これは困難ながらも重要な議題であり、大きく変化する時がきているのです。アカデミーは会員構成を改めるために劇的な一歩を踏み出します」とコメントした。

そして、より多様化をもたらすために会員の選出を見直すとしており、「この先数週間に渡ってわれわれは2016年期とそれ以降に必要不可欠である多様化をもたらすために、会員の選抜面の見直しを実行します」「多くの方がご存じのように、われわれは過去4年間にわたって会員の多様化に向けて変更点を取り入れてきました。しかしながらその変化は希望通りのスピードで実現されていません。われわれはより一層、より良い形で、より早く取り掛かる必要があるのです」と続けた。

その一方で、会長は今回の問題点に注意を向けてくれた人々たちへ感謝の意も述べ、「われわれのコミュニティの中で深刻な懸念があがっていることは認識していますし、共に前進していくにあたって私に連絡を取ってくださった全ての皆さまに感謝しています」としている。

2年連続白人の俳優陣しかアカデミー賞にノミネートされなかったことを受け、ジェイダ・ピンケット=スミスやスパイク・リー監督などが本年度の式典に出席しない意向を表しており、司会のクリス・ロックは降板こそしないものの、同式典を「白人のBETアワード」としても知られている賞と皮肉交じりに呼んでいた。

(C)BANG Media International

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR