米Amazon「Dash Replenishment」開始、日用品など少なくなったら自動注文

 

米Amazon.comの「Dash Replenishment Service(DRS)」の提供が米国で始まった。対応するインターネット接続機器で、プリンターのトナーカートリッジや洗濯洗剤といった消耗品や日用品が少なくなってきたら自動的に注文する。

第一弾のDRS対応製品は、Brother USAの45モデル以上のプリンターだ。AmazonユーザーはBrotherのサイトで対応プリンターを登録し、補充するインクやトナーカートリッジを選択しておく。すると、交換が近づいてきたタイミングでAmazonから登録しておいた商品が送られてくる。

Brotherのプリンターに続いて、1月中にGmateのスマート血糖値計と、GEのスマートディスペンステクノロジ(自動的に洗剤を投入)を備えた洗濯機でもDRSを利用できるようになる。他にもDRSプログラムには、Whirlpool(洗濯機、乾燥機、食洗機)、Brita(浄水器)、GOJO(ソープ/殺菌ハンドジェル・ディスペンサー)、Samsung(プリンター)、Obe(ドッグフード入れ)、August Smart Lock(スマートロック)など、多くのデバイスメーカーが参加している。

Amazonは、日用品や消耗品を定期的に届けるサブスクライブ(定期おトク便)サービスを用意しているが、頻繁に使用した時に足りなくなったり、逆に使用していない時に余りが出ることがある。DRSならユーザーが配送頻度を管理することなく、必要な時に適量の補充が行われる。

「Dash Button」

Amazonは、米国で「Dash Button」というボタンを押すだけで日用品をAmazonに注文できる小型デバイスを昨年春から提供している。Dash ButtonはDRSのスタンドアローンソリューションであり、それをサードパーティの機器でも利用できるようにDash Replenishment Service APIを用意したのがDRSプログラムである。メーカーはシンプルなHTMLコンテナとREST APIコールを用いてDRSをサポートできる。そのためインターネットに接続するデバイスなら既存のデバイスを広くDRSに対応させることが可能で、また大手メーカーだけではなく、中小メーカーやホビイストでもプログラムに参加できる。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[君の名は。]世界85の国・地域で配給 神木隆之介「レッドカーペット歩きたい」
[15:20 8/28] ホビー
[吹石一恵]第1子を妊娠 福山雅治がパパに
[15:02 8/28] エンタメ
Wi-Fiを使って近くのユーザーのキーボード入力を盗み取る技術とは?
[15:00 8/28] 企業IT
[杉本有美]「水着は卒業」 グラビア集大成の最新写真集で見納め
[14:48 8/28] エンタメ
[福原遥]卒業後は進学せず芸能活動に専念 写真集は「泡風呂恥ずかしい…」
[14:10 8/28] エンタメ

求人情報