ソニー、360度に音が広がる有機ガラス管スピーカー

 

ソニーは1月20日、空間活用コンセプト「Life Space UX」シリーズのグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」を発表した。発売は2月13日。価格はオープンで、推定市場価格は税別74,000円前後。

LSPX-S1

LSPX-S1は、円筒状の有機ガラス管から、音を360度方向に広げるスピーカーシステム。2008年に発売した、全長約1mの「サウンティーナ」の流れを汲みつつ、高音質化と小型化を実現した。また、有機ガラス管を振るわせる加振器や音響サスペンションを刷新し、透明感の高い音を再生する。有機ガラス管の中央にはイルミネーションLEDを配置した。

中央にイルミネーションLEDを配置

本体上部には半透明エッジを採用した低域用のパッシブラジエーターを、本体下部には中域用の50mm径ウーファーを搭載。有機ガラス管は振動板やウーファーエンクロージャーとして機能するほか、ツイーターの役割を果たす。

パッシブラジエーター

ツイーター

ネットワーク機能はBluetoothを内蔵し、コーデックはSBC、AAC、apt-Xのほかソニーが開発したLDACをサポート。NFCにも対応する。また、操作アプリ「SongPal」と連携し、音量調整、イルミネーションLEDの調整、スリープタイマーの設定、Bluetoothコーデックの切り替えをスマートフォンなどから行える。また、LSPX-S1を2台用意することで、ステレオ再生も行える。

SongPal操作画面

Bluetooth接続中はリフレクター頂点に備えたLEDライトが点灯する

外観を損ねないよう、音量ボタンやADD(Speaker Add機能)ボタンなど使用頻度が低いボタンは底面に設置している

再生周波数帯域は60Hz~40kHz、実用最大出力(ウーファーのみ)は、ACアダプター駆動時で13W、内蔵バッテリー駆動時で6W。Bluetooth接続時のバッテリー駆動時間はW82×H303×D82mm、重量は約920g。

使用例

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス