クリオネ500匹が幻想空間を舞う - 神奈川県・シーパラで「クリオネリウム」

 

横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市)では3月21日までの期間限定で、水族館「アクアミュージアム」1階のジンベエホールにて冬季特別展示「クリオネリウム」を開催している。

八景島シーパラダイスで冬季特別展示「クリオネリウム」開催中

「クリオネリウム」では、空間演出を施した専用水槽で500匹のクリオネを展示している。クリオネは貝殻を持たない貝の一種で、翼のような「翼足(よくそく)」で泳ぐ姿から、「流氷の妖精」としても親しまれているとのこと。

専用水槽のあるジンベエホールでは、ストリングスカーテンによって形成された円型の空間に、海中の世界をイメージするような特殊照明で演出を施し、幻想的な世界観を演出。水槽の中のクリオネが光に包まれながら泳ぐ姿を楽しめるという。

ストリングスカーテンで円型の展示空間を形成

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事