待望の初ゴールは決勝Tで…南野拓実「大事なところで取れるように」

1アシストを記録した南野拓実(右) [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)グループB第3戦が19日に行われ、U-23日本代表とU-23サウジアラビア代表が対戦。日本が2-1で勝利を収め、グループステージ3連勝を果たした。

 試合後、ザルツブルクFW南野拓実が勝利を振り返った。

 南野は「先制できたことで、楽な試合運びができた。相手のメンタルがガクンときたのがわかったので、それは良かったと思います」と話し、MF井手口陽介の2点目をアシストした場面について、「何か結果がほしかったので、アシストという結果を残せたのは個人的には良かったと思います」と、安堵感をにじませた。

 そして決勝点を挙げた井手口の成長について問われた南野は、「僕が言える立場じゃないですけど、相当なポテンシャルを持っていると思うし、こういう試合でもしっかり結果を出してくれる。メンタル的にも良いものを持っていると思います。チームメイトになって頼もしい選手ですし、点も取れる、パスも出せる、それで(相手の攻撃を)潰せるというのはなかなかいない。良い選手だと思います」と、称賛した。

 日本はグループステージを3連勝で終え、22日に行われる準々決勝でU-23イラン代表と対戦する。いよいよ始まる決勝トーナメントに向けて、南野は「まだ僕たちは何も勝ち取ってない。目指しているアジアチャンピオンまで3つ、次から真剣勝負ですし、違った緊張感もあると思うので、自分たちのサッカーをして勝てればと思います」と意欲を語り、自身の大会初ゴールについて「大事なところで取れるように、準備をしておきたいと思います」と、抱負を述べた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事