3戦連続出場の久保、攻撃陣の連係に手応え「もっともっと良くなる」

 

途中出場でピッチに立った久保裕也(右) [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)グループB第3戦が19日に行われ、U-23日本代表とU-23サウジアラビア代表が対戦。日本が2-1で勝利を収め、グループステージ3連勝を果たした。

 試合後、ヤング・ボーイズFW久保裕也が記者団の取材に応じ、勝利を振り返った。

 久保は、グループステージ全勝での決勝トーナメント進出について「3連勝で次(決勝トーナメント)に行けるのは、すごく良いと思います」と手応えを語り、U-23サウジアラビア代表の印象については、「結構、球際のところで足が伸びてくるかなと。でも、ルーズなところもあるし、裏も取れたのでもっとやれたと思います」と、話した。

 グループBを首位で通過し、日本は22日に行われる準々決勝で、U-23イラン代表と対戦する。久保はイランの印象を問われ、「(18日のグループA第3節中国代表戦を)少し見ました。やっぱりラインがすごく高いなと思いましたし、個々の能力が高そうでしたけど、ルーズになる時間帯もあるかなと」と話し、「とりあえずコンディションを良くすることと、点を取れていない選手もいますけど、チームが勝つのが大事なので、まとまるのが大事だと思います」と、準々決勝への展望を語った。

 手倉森誠監督がメンバーの入れ替えを行う中、久保は3試合連続でピッチに立っている。攻撃陣の連係について問われると、「試合を重ねるごとに良くなっていると思うし、もっともっと良くなると思いますし、前向きな感じだと思います」と好感触を示した。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー