いよいよ勝負の決勝Tへ…手倉森監督「一緒にしびれてください」

 

U-23サウジアラビア戦を振り返った手倉森監督 [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)グループB第3戦が19日に行われ、U-23日本代表とU-23サウジアラビア代表が対戦。日本が2-1で勝利を収め、グループステージ3連勝を果たした。

 試合後、手倉森誠監督がインタビューに応じた。

 手倉森監督は、グループステージ3連勝という結果について「何とか(勝つことができて)…。良かったです」と安堵の表情を浮かべていた。

 日本は第2戦を終えた時点で、すでにグループステージ首位通過を決めていた。それでも手倉森監督は、U-23サウジアラビア戦を決勝トーナメントへの準備段階として重要視。「(決勝)トーナメントを意識して、『負けたら終わりなんだということをシミュレーションしよう』という話をしていた。勝ち切ることができて、良いトレーニングになったと思う」と、話した。

 そして、グループステージ3試合を終え、選手たちの成長ぶりを問われると、「チームが23人全員で進んでいる。お互いに体力を分散させながら、誰が出ても勝てるようになってきている。そこに今後へ向けた可能性を感じている」と、手応えを感じている様子だった。

 日本は22日にU-23イラン代表との準々決勝に臨む。負ければ終わりのトーナメントに向けて、手倉森監督は「しびれる試合になると思う。国民の皆さんの後押しを感じながら戦いたい。一緒にしびれてください」と、ファンへメッセージを送っていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

加藤浩次、山本との"極楽とんぼ"復活を計画中「ライブの段取りしている」
[19:15 7/30] エンタメ
[鳥人間コンテスト]36チーム参加し琵琶湖で開幕
[19:13 7/30] エンタメ
ロック・リーも登場の舞台「NARUTO」開幕!ビジュアルポイなど新演出も
[19:00 7/30] ホビー
[極楽とんぼ・山本圭壱]10年ぶり地上波登場 古巣めちゃイケに
[18:56 7/30] エンタメ
「おそ松さん」甚平姿で音楽を楽しむ6つ子のグッズ、TSUTAYAにて販売
[18:47 7/30] ホビー