いよいよ勝負の決勝Tへ…手倉森監督「一緒にしびれてください」

 

U-23サウジアラビア戦を振り返った手倉森監督 [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)グループB第3戦が19日に行われ、U-23日本代表とU-23サウジアラビア代表が対戦。日本が2-1で勝利を収め、グループステージ3連勝を果たした。

 試合後、手倉森誠監督がインタビューに応じた。

 手倉森監督は、グループステージ3連勝という結果について「何とか(勝つことができて)…。良かったです」と安堵の表情を浮かべていた。

 日本は第2戦を終えた時点で、すでにグループステージ首位通過を決めていた。それでも手倉森監督は、U-23サウジアラビア戦を決勝トーナメントへの準備段階として重要視。「(決勝)トーナメントを意識して、『負けたら終わりなんだということをシミュレーションしよう』という話をしていた。勝ち切ることができて、良いトレーニングになったと思う」と、話した。

 そして、グループステージ3試合を終え、選手たちの成長ぶりを問われると、「チームが23人全員で進んでいる。お互いに体力を分散させながら、誰が出ても勝てるようになってきている。そこに今後へ向けた可能性を感じている」と、手応えを感じている様子だった。

 日本は22日にU-23イラン代表との準々決勝に臨む。負ければ終わりのトーナメントに向けて、手倉森監督は「しびれる試合になると思う。国民の皆さんの後押しを感じながら戦いたい。一緒にしびれてください」と、ファンへメッセージを送っていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン