加賀麩や地物の野菜がたっぷり。薬草も入った体にやさしい金沢ごはん。

加賀麩や地物の野菜がたっぷり。薬草も入った体にやさしい金沢ごはん。

お店は金沢観光の定番スポット・長町武家屋敷跡からほんの一筋、裏手に入ったところにあります。観光ついでに徒歩で立ち寄れる立地が便利。

一方通行の多い界隈ですが、お店の前の通りは武家屋敷側から車でも入れます。駐車場はないので、近くにあるコインパーキングを利用しましょう。

住宅街の中にぽつんと佇む白い看板が目印です。隠れ家のようなレストラン、という言葉がぴったりの店構えで、庭木が茂る長いアプローチに期待感が高まります。

店内は、白い壁にアンティーク調の家具が映える落ち着いたインテリア。
使い込まれたキッチンツールや薬草の入ったガラス瓶が、シャビーな雰囲気を醸し出しています。

カウンターの向こうにいらっしゃるのは店のご主人。黙々と料理をされているように見えますが「話し掛けるの大歓迎」とのこと。
ご主人も奥様もとても気さくに、食材のことなどを教えてくれました。

人気のランチメニューは「百薬御膳」(1400円)。メインの薬草豆腐ハンバーグは、豆腐と鶏肉を合わせたやさしい味わいのハンバーグ。

薬草をスパイスのように効かせた薬膳ソースが、味のアクセントになっています。たっぷりと添えられた旬の野菜はほとんどが、地元の農家で育てられたもの。

ご飯も契約農家で丁寧に育てられた玄米ご飯です。

百薬御膳のデザートは、加賀麩の老舗「宮田」のおやき。粒あんが、ヨモギを練り込んだモチモチの生麩で包まれています。

一緒に出てくる薬草茶は、ほんのり甘く、昔、おばあちゃんの家で飲んだような懐かしい香り。体によいだけでなく、心までほっとする味です。

レジの横では、お店で使用しているソースやドレッシング、お茶やドーナツなどの販売もしています。ソースを購入したら、おすすめの食べ方を記した小さなレシピが一緒にいただけました。

夜のメニューはみんなが大好きなおつまみを、素材にこだわり、まじめに作った「百薬ジャンクフード」。スパイスの効いたタコスやバーニャカウダが人気です。

ドリンクは、ちょっとクセになる薬草ビールや、10種類以上の野菜や果物をブレンドした百薬ジュースがおすすめです。

金沢のグルメは、海の幸だけではありません。里山育ちの米や野菜の滋味に富んだ味わいを、この店でぜひ堪能してくださいね。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事