30代の1位は「生理中」、20代は? - デリケートゾーンのかゆみが気になる時

 

ピルボックス ジャパンはこのほど、「女性のデリケートゾーンの悩み」に関する調査結果を発表した。調査は2015年10月23日~26日の期間にインターネット上で行われ、20~60代の女性800名から回答を得た。

現在デリケートゾーンで気になることを尋ねたところ、1位は「ニオイ」(42.6%)、2位は「かゆみ」(36.8%)、3位は「おりもの」(26.5%)となった。

年代別で見ると20代・30代の若年層ほど、多くの項目を回答しており、悩みが多いことがわかる。閉経を迎えた50~60代では「気になることはない」と62.0%が回答しており、加齢や閉経とともにデリケートゾーンの悩みは少なくなっていくことが考えられる。

現在デリケートゾーンで気になること

このうち「かゆみ」が気になると回答した人に、「かゆみ」が気になるタイミングを聞くと、「原因は不明だが時々気になる」(42.9%)が最も多かった。最も多かった回答を年代別に見ると、20代は「原因は不明だが時々気になる」(47.6%)、30代は「生理中」(50.6%)、40代は「生理中」(53.1%)、50代~60代は「原因は不明だが時々気になる」(52.4%)だった。

「かゆみ」が気になるタイミング

デリケートゾーンのかゆみの原因となり得る要因として知っているものを聞いたところ、「ムレ」(60.8%)が最も多く、次いで「生理用ナプキンやおりものシート」(39.5%)、「下着や衣服のこすれ」(29.1%)が続いた。

一方で「原因を知らない/原因は特にないと思う」という回答も18.3%と全体の2割近くになっている。特に50代~60代では29.0%が回答しており、かゆみの原因についてあまりよく理解していない実態が明らかとなった。

デリケートゾーンの「かゆみ」の原因になり得ると思うものは何だと思いますか?

デリケートゾーンのかゆみの原因のひとつには乾燥が挙げられる。そこで、乾燥がかゆみの原因となることを知っているか尋ねると、55.3%が「知らない」と回答した。デリケートゾーンの乾燥によるかゆみが存在することの認知度はあまり高くないようだ。

現在、ボディケアとして保湿している部位と、理想的な肌のために保湿しておきたいと思う部位を尋ねた。「顔」がともに1位で「保湿している」(85.1%)、「保湿しておきたい」(80.9%)となっている。一方、「保湿している」と「保湿しておきたい」のポイント差が最も大きいのは「デリケートゾーン」(7.9pt差)だった。

現在保湿をしている体の部位はどこですか? また、理想とする肌の状態を保つために保湿しておきたい体の部位はどこですか?

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮慶太監督の『ゼイラム』と『ゼイラム2』がHDリマスターで初Blu-ray化
[22:23 9/30] ホビー
犬上すくね「ばうんさーず」1巻、頼りない叔父を守る保護者気どりの3姉妹
[21:38 9/30] ホビー
[新宿アニソンスコープ]小松未可子シングルが首位 Q-MHzとタッグ
[21:30 9/30] ホビー
世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」上陸! - 日本市場における狙いと競合との差別化は?
[21:27 9/30] スマホとデジタル家電
カテキョで繋がる元野球部の先輩後輩、5年ぶりの再会描く南月ゆうのBL
[21:13 9/30] ホビー