島原鉄道「赤パンツ車両」復活! キハ2500形、1両限定で特徴的な車体塗装に

佐々木康弘  [2016/01/19]

島原鉄道は1986年から2008年3月まで鉄道車両に採用していた車体塗装デザイン、通称「赤パンツ」を1両限定で復刻し、1月18日から運行開始している。

「赤パンツ」塗装を施したキハ2505A号車

このデザインは当時の鉄道課長が考案したものだという。国鉄色のクリーム色を基調に、前面は中央から両サイド上方に向かってV字型に赤い塗装を施し、側面は2本の赤いラインを台形に描いた仕様に。車体前面を正面から見ると、ホームベース状の赤い部分がパンツのように見えることから「赤パンツ」の愛称が付いた。

「赤パンツ」塗装を施したキハ2505A号車は、車両更新のため、2018年度での引退が予定されている。車両工場で整備を担当する社員の「引退までの花道を飾らせてあげたい」との強い思いにより、今回の復刻塗装が実現したという。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[岩田剛典]“EXILE周り”はサプライズ好き 「好きな女性がいたらしたい」
[20:21 5/28] エンタメ
[高畑充希]交際9年カップルの公開プロポーズ成功に感涙「感動しちゃった」
[19:37 5/28] エンタメ
[真田丸]家康ゆかりの地で藤岡弘、が殺陣披露 撮影秘話も明かす
[19:19 5/28] エンタメ
西武秩父駅へ「SLパレオエクスプレス」乗入れ実現! 特急レッドアローと並ぶ
[19:10 5/28] ホビー
映画「ヒメアノ~ル」濱田岳が自身の濡れ場に「誰が得するんだ」と自虐
[18:44 5/28] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR