島原鉄道「赤パンツ車両」復活! キハ2500形、1両限定で特徴的な車体塗装に

 

島原鉄道は1986年から2008年3月まで鉄道車両に採用していた車体塗装デザイン、通称「赤パンツ」を1両限定で復刻し、1月18日から運行開始している。

「赤パンツ」塗装を施したキハ2505A号車

このデザインは当時の鉄道課長が考案したものだという。国鉄色のクリーム色を基調に、前面は中央から両サイド上方に向かってV字型に赤い塗装を施し、側面は2本の赤いラインを台形に描いた仕様に。車体前面を正面から見ると、ホームベース状の赤い部分がパンツのように見えることから「赤パンツ」の愛称が付いた。

「赤パンツ」塗装を施したキハ2505A号車は、車両更新のため、2018年度での引退が予定されている。車両工場で整備を担当する社員の「引退までの花道を飾らせてあげたい」との強い思いにより、今回の復刻塗装が実現したという。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

女性が尊重される会社ランキング、1位は?
[10:35 8/24] キャリア
AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電

本音ランキング