NEC、C/C++言語ベースのLSI設計サービスを提供開始

 

日本電気(NEC)は1月19日、C言語ベースLSI設計サービスの提供を開始したと発表した。

同サービスは、C/C++プログラムをハードウェア化したいが開発可能な設計者がいない、ハードウェア設計する工数が足りない、ソフトウェアが複雑すぎてハードウェア化できないといった課題を持つ顧客を対象としたソリューション。

C/C++言語プログラムを同社が預かり、同社製の高位合成ツール「CyberWorkBench」を用いて、デバイスに最適化されたRTL(VerilogHDL、VHDL)やFPGA用ネットリストを提供する。同社が開発したアルゴリズムからのRTL合成にも対応可能となっている。

また、CyberWorkBench導入を検討の際には、通常の納品物のほかに設計環境一式、設計ノウハウ、Cプログラムをハードウェア向けのC記述に変更する技法などが提供されるという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

国土交通省、東京のタクシー初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験を実施
[15:30 7/28] ホビー
中国XiaomiがWindows 10搭載ノートPC発表、13.3型と12.5型の2モデル
[15:26 7/28] パソコン
ボルボ特別仕様車「S60 / V60 D4 ダイナミックエディション」8/10販売開始
[15:13 7/28] ホビー
『アイマス』声優の平山笑美などが出演、プレスターライブが8月14日開催
[15:06 7/28] ホビー
機能性表示食品の「肝臓の健康にセラクルミン」が発売
[15:02 7/28] ヘルスケア