NEC、C/C++言語ベースのLSI設計サービスを提供開始

 

日本電気(NEC)は1月19日、C言語ベースLSI設計サービスの提供を開始したと発表した。

同サービスは、C/C++プログラムをハードウェア化したいが開発可能な設計者がいない、ハードウェア設計する工数が足りない、ソフトウェアが複雑すぎてハードウェア化できないといった課題を持つ顧客を対象としたソリューション。

C/C++言語プログラムを同社が預かり、同社製の高位合成ツール「CyberWorkBench」を用いて、デバイスに最適化されたRTL(VerilogHDL、VHDL)やFPGA用ネットリストを提供する。同社が開発したアルゴリズムからのRTL合成にも対応可能となっている。

また、CyberWorkBench導入を検討の際には、通常の納品物のほかに設計環境一式、設計ノウハウ、Cプログラムをハードウェア向けのC記述に変更する技法などが提供されるという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (3) 空要素の記述法
[10:00 8/25] 企業IT
IntelのKNL(Knights Landing)の性能は? - ISC 2016 第4回 まだまだ続くコア数の増加とFlopsの向上
[10:00 8/25] テクノロジー
『GANTZ:O』、完成披露上映会の開催決定! 小野大輔、M・A・Oらが登壇
[10:00 8/25] ホビー
本当に高校生? 松本人志も驚いた16歳・北村優衣とは - 苦労の先にあった、松岡茉優との衝撃共演
[10:00 8/25] エンタメ
iiyama、HDMI 2.0ポート搭載の28型4Kディスプレイ「ProLite GB2888UHSU」
[10:00 8/25] パソコン