NEC、C/C++言語ベースのLSI設計サービスを提供開始

 

日本電気(NEC)は1月19日、C言語ベースLSI設計サービスの提供を開始したと発表した。

同サービスは、C/C++プログラムをハードウェア化したいが開発可能な設計者がいない、ハードウェア設計する工数が足りない、ソフトウェアが複雑すぎてハードウェア化できないといった課題を持つ顧客を対象としたソリューション。

C/C++言語プログラムを同社が預かり、同社製の高位合成ツール「CyberWorkBench」を用いて、デバイスに最適化されたRTL(VerilogHDL、VHDL)やFPGA用ネットリストを提供する。同社が開発したアルゴリズムからのRTL合成にも対応可能となっている。

また、CyberWorkBench導入を検討の際には、通常の納品物のほかに設計環境一式、設計ノウハウ、Cプログラムをハードウェア向けのC記述に変更する技法などが提供されるという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Apple Watch Series 2のスイミングワークアウトを試す - 松村太郎のApple深読み・先読み
[22:32 9/29] スマホとデジタル家電
アミュレット、USB 3.1 Gen2対応でRIAD機能搭載のストレージケース
[22:19 9/29] パソコン
柳葉敏郎、さんまへの土下座の真相告白「タクシーの前で…」
[22:15 9/29] エンタメ
[ベッキー]上半身ヌードでセクシーに“美背中”披露 髪もばっさりショートに
[22:12 9/29] エンタメ
長谷川豊、ブログ発言での報道番組降板「夢にも思っていませんでした」
[21:52 9/29] エンタメ