パナソニック、800m相当の超望遠ズーム「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm」

 

パナソニックは1月19日、マイクロフォーサーズ規格の超望遠ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.(H-RS100400)」を発表した。3月10日に発売する。希望小売価格は230,000円(税別)。

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. (H-RS100400)

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S.は、マイクロフォーサーズ規格では初めて400mm (35mm判換算で800mm)の超望遠を実現したレンズだ。焦点距離は100mm~400mm、35mm判換算で200mm~800mmのズーム域をカバーする。

独ライカの光学基準をクリアした「LEICA DG VARIO-ELMAR」ブランドを冠しており、レンズ構成はED非球面レンズ1枚とEDレンズ2枚、UEDレンズ1枚を含む13群20枚。絞り開放値はF4.0~F6.3で、フォーカスレンズはリニアモーター駆動方式を採用している。ズーム全域で高い解像力とコントラストに優れることから、スポーツや野鳥の撮影などに最適としている。

そのほかの主な仕様は、最小絞りがF22、絞り羽枚数が9枚(円形虹彩絞り)、最短撮影距離が1.3m、最大撮影倍率が0.25倍(35mm判換算で0.5倍)。フィルター系は72mm。サイズは最大径が約83mm、長さが約171.5mm、重量は約985g。マイクロフォーサーズのレンズらしくコンパクトに設計されており、防塵・防滴加工も施されている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

国内初、BIMデータを使用した建築確認申請で確認済証が交付
[12:38 9/1] テクノロジー
2面タッチスクリーンは想像以上に使える印象!! - 「Yoga Book」ファーストインプレッション
[12:27 9/1] パソコン
下村尊則あらため下村青、『吉良奈津子』でTVドラマデビュー「青天の霹靂」
[12:17 9/1] エンタメ
日本エイサー、スリムボディでもハイスペックのゲーミングデスクトップPC
[12:04 9/1] パソコン
スバル新型インプレッサ「SPORT」「G4」先行予約開始 - 安全機能さらに強化
[12:03 9/1] ホビー