キヤノンMJ、3D SYSTEMS製の金属3Dプリンタ「ProX DMP 320」を発売開始

 

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は1月19日、米3D SYSTEMS製の金属粉末焼結3Dプリンタの新しいモデルとなる「ProX DMP 320」の販売を開始したと発表した。

同社は2013年10月に米3D SYSTEMSと産業用3Dプリンターの国内販売契約を締結。金属粉末焼結3Dプリンタ「ProX DMP 100/200/300」などの販売を展開してきた。

今回販売開始となった新製品「ProX DMP 320」は、25ppmの低酸素濃度雰囲気での焼結により機械特性の向上に寄与するとともに、双方向の材料供給方式を採用しており、レイヤリング時間を短縮している。また、着脱式プリントモジュールの採用により容易な材料交換とコンタミネーション(不純物汚染)懸念の低減を実現しているほか、金属粉末材料の高速リサイクルモジュールの使用も可能となっている。

販売価格は、1億1000万円(税別)から。

金属粉末焼結3Dプリンタ「ProX DMP 320」

造形サンプル



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

au携帯だけで予約/購入/搭乗! ジェットスター・ジャパンがキャリア決済導入
[12:43 9/1] 趣味
「Geekbench 4」登場、最新ハードウエアに対応、モバイル/PCの比較向上
[12:42 9/1] スマホとデジタル家電
国内初、BIMデータを使用した建築確認申請で確認済証が交付
[12:38 9/1] テクノロジー
2面タッチスクリーンは想像以上に使える印象!! - 「Yoga Book」ファーストインプレッション
[12:27 9/1] パソコン
下村尊則あらため下村青、『吉良奈津子』でTVドラマデビュー「青天の霹靂」
[12:17 9/1] エンタメ