デル、12.5型4K IGZO液晶でキーボード付属の2in1 PC「New XPS 12」

 

デルは19日、コンシューマ向けブランド「XPS」シリーズの新製品として、12.5型タブレット「New XPS 12 2-in-1」を発売した。価格は159,980円(税別)から。この新モデルは、米国に続いて2015年12月10日に国内発表されていたもの。発表時点では2016年1月発売とだけアナウンスされ、スペックや価格などは未定だった。

New XPS 12 2-in-1

New XPS 12 2-in-1は、3,840×2,160ドットの4Kタッチディスプレイを搭載する12.5型2-in-1 PC。本体はタブレットPCで、キーボードドックが付属する。ディスプレイにはIGZO液晶パネル(IPS方式)を採用し、最大170度の視野角を確保。コントラスト比は1,500:1で、高精細で美しい画面を表示する。ディスプレイ表面のガラスには、傷つきにくい「Corning Gorilla Glass NBT」を採用した。

タブレット部にはUSB Type-Cポート×2基を搭載し、USB 3.1 Gen 2、Thunderbolt 3、電源入力(充電)、D-Sub出力、HDMI出力、有線LANといった機能に対応。付属のUSB Type-C to USB Type-Aアダプターを使うことでUSB機器も使用できる。D-Sub出力やHDMI出力、有線LAN通信には、オプションの「デル DA200 アダプタ USBタイプ-C to HDMI/VGA/イーサネット/USB3.0 -S&P」が必要。また、ワコムのテクノロジーを採用したスタイラスペンもオプションで用意している。

主な仕様は、CPUが第6世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Skylake)のIntel Core M5-6Y54(1.1GHz)、メモリがLPDDR3-1600 8GB×1、ストレージが256GB SSD、グラフィックスのIntel HD Graphics 515(CPU内蔵)、OSがWindows 10 64bit版。

インタフェース類は、上記のUSB Type-Cポート×2に加えて、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.1、SD/SDHC/SDXCメモリーカードスロットなど。タブレットの本体サイズはW291×D193×H8mm、最小重量は約790g。タブレット+キーボードドックの本体サイズはW291×D198×H16mm、最小重量は1.27kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事