HY新里英之、遠藤&渡部主演ドラマ曲に込めた思い「とことん愛しあって」

きょう19日にスタートする、俳優・遠藤憲一と渡部篤郎のダブル主演による関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜22:00~22:54 ※初回は15分拡大)のオープニングテーマを歌う5人組バンド・HYが、初回放送を前に曲に込めた思いを明かした。

『お義父さんと呼ばせて』オープニングテーマを歌うHY

このドラマは、遠藤演じる中堅商社の独身部長・大道寺保が、28歳年下の女性・花澤美蘭(蓮佛美沙子)との結婚を決意。しかし、渡部演じる美蘭の父・紀一郎は、娘の結婚相手が自分と同い年という現実が受け入れられず、2人が結婚したい男・させたくない男としてぶつかり合う姿を、林宏司の脚本でコミカルに描く作品だ。

HYが歌うオープニングテーマのタイトルは「極愛」。ボーカルの新里英之は「ドラマの恋愛事情も、世の中の恋愛事情も思いもよらない恋愛の形がさまざまあるけど、共通しているのは、本気で人を好きになってしまったらもう止められない。人生の中で心をいちばん動かすことってその瞬間かも知れない」との考えを示し、「だから、好きになったら、とことん愛しあって心で感じあってほしい。そんな思いを込めて作りました」とコメントを寄せた。

主演の遠藤は「どうしようもないほどにあふれ出す気持ちを歌っていて、ガツンときます」と感想を語り、「いろんな愛の歌があるけど、どストレートに愛する気持ちを歌いきっていて清々しい! ドラマのオープニングにかかるので、これから何かが起きそうでワクワクした気持ちになりました!」とテンションを上げている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事