オタク市場、1人あたり平均消費額は「アイドル」最高--年収最高は「鉄道模型」

 

矢野経済研究所は15日、「『オタク』市場に関する調査結果 2015」の結果を発表した。調査期間は2015年8月~10月。

アイドル市場は1,186億円

2014年度の「オタク」市場を分野別に見ると、規模が最も大きいのは「アイドル市場」で1,186億円(前年度比37.4%増)。ジャニーズや AKB48グループ等のコアファンが市場を支え、加えて複数のアイドルグループの台頭により市場が拡大した。

2位はダウンロード販売が伸長した「同人誌市場」で757億円(3.4%増)。3位は「AV市場」の512億円(0.8%減)、4位は「コスプレ衣装市場」の430億円(1.7%増)、5位は「フィギュア市場」の316億円(1.4%増)だった。

年収が高いのは「鉄道模型」オタク

同社が2015年9月に行った消費者アンケート調査によると、「自分をオタクだと思う」もしくは「人からオタクだと言われている」と回答した人は21.1%だった。

「自分をオタクだと思う」もしくは「人からオタクだと言われている」

オタクと認識している層のなかで既婚者(過去に結婚有を含む)層は37.9%、未婚者(現在及び過去の恋人の有無を問わず)層は62.2%だった。

オタクの結婚率

オタクとされる層について、19分野別に1人あたりの年間平均消費金額を算出したところ、「アイドル」分野が7万4,225円で最も高い金額を示した。以下「鉄道模型」(4万9,721円)、「コスプレ衣装」(4万7,530円)、「トイガン・サバイバルゲーム」(3万230円)、「プロレス」(2万8,303円)となった。

年間消費額が低いのは「ライトノベル」(1万2,783円)、「メイド・コスプレ関連サービス」(1万3,162円)、「ボーイズラブ」(1万4,960円)だった。

1世帯あたりの平均年収が高いのは「鉄道模型」(693万2,000円)、「ドール」(603万8,000円)、「プロレス」(575万円)、「プラモデル」(565万2,000円)だった。一方、平均年収が低いのは「アダルトゲーム」(457万5,000円)、「ライトノベル」(473万3,000円)、「同人誌」(488万7,000円)だった。

※調査対象分野はアニメ/漫画(電子コミック含む)/ライトノベル/同人誌/プラモデル/フィギュア/ドール/鉄道模型/アイドル/プロレス/コスプレ衣装/メイド・コスプレ関連サービス(メイド喫茶・居酒屋・マッサージ、コスプレ飲食店、コンセプトカフェ等)/オンラインゲーム/アダルトゲーム/AV(アダルトビデオ・DVD、ダウンロードコンテンツ含む)/恋愛ゲーム/ボーイズラブ/ボーカロイド(関連商品含む)/トイガン。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事