暫定降格圏のスウォンジー、グイドリン氏が指揮官就任で合意と発表

 

2014年5月までウディネーゼの指揮官を務めたグイドリン氏 [写真]=Getty Images

 スウォンジーは18日、フランチェスコ・グイドリン氏が監督就任で合意に至ったとクラブ公式HPで発表した。

 発表によると、同氏は同日に行われるプレミアリーグ第22節のワトフォード戦を本拠地リバティ・スタジアムで観戦予定。アラン・カーティス暫定監督はシーズン終了まで職務を続行する模様で、グイドリン氏とともにチームを率いるという。なお、メンバー決定の最終判断はグイドリン氏が下す模様となっている。

 昨シーズンを8位で終えたスウォンジーだが、今季は苦戦を強いられている。残留争いのライバルニューカッスルが第22節で勝利したことにより、暫定ながら降格圏の18位に転落。先月9日にギャリー・モンク前監督を解任したものの、浮上の足がかりをつかめていない。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「働き盛り」って何歳ですか?
[11:42 8/25] シゴト
女性が仕事選びで妥協できること1位は「残業時間」 - 妥協できないものは?
[11:31 8/25] シゴト
夏でも冷え性になる(グラフィックデザイナー、女性、40代) - 若林理砂のあるあるカルテ
[11:30 8/25] 企業IT
ルネサス、演算性能を従来比30%強化したDLMS対応スマートメータ用マイコン
[11:24 8/25] テクノロジー
カシオ「EXILIM」、19mm~95mm相当の広角ズームレンズ搭載「EX-ZR4000」
[11:12 8/25] スマホとデジタル家電