メガネに装着する小型カメラ、自分が見ている景色をそのまま録画

 

ドスパラは1月18日、メガネのフレームに取り付けて使用する小型カメラ「手ぶらドリー(DN-13556)」を、同社運営の「上海問屋」にて発売した。価格は税込4,999円。

手ぶらドリー(DN-13556)

手ぶらドリーは、付属のゴムバンドを使用して、一般的なメガネのフレームに取り付ける小型カメラ。メガネに装着するので、撮影者が見えている景色を同じ目線で撮影できる。製品名の通り、両手をふさがずに撮影ができるというメリットもある。

本体には、「電源」と「画像撮影/録音」という2つのボタンがあり、電源ONの状態でさらに電源ボタンを押すと動画撮影を開始。画像撮影/録音ボタンを押すと静止画を撮影する。また、画像撮影/録音を長押しすると録音が開始される。

使用イメージ

撮影動画形式はAVI(MotionJPEG)形式で、解像度は1, 280×720ピクセル、フレーム数は30fps。静止画像形式はJPEG形式で解像度は1,280×720ピクセル。録音はWAB形式だ。記録媒体は2GBまでのmicroSDカード。

本体サイズは約W53×D26×H16mmと小さく、重量も約15gと軽いため、メガネに装着してもストレスになりにくいとしている。内蔵バッテリの充電時間は約3時間で、満充電時は約70分の連続稼働が可能だ。

人気記事

一覧

新着記事

[レベルファイブ]次はロボットもの「メガトン級ムサシ」 週刊少年ジャンプと協力
[15:36 7/30] ホビー
[プリパラ]「すみっコぐらし」とコラボ しろくまなど人気キャラがコーデに
[15:12 7/30] ホビー
MF文庫J、7月新刊は7タイトル! 『アブソリュート・デュオ』の最新巻登場
[15:00 7/30] ホビー
「Pokémon GO」に便乗した3つの脅威に注意 - トレンドマイクロ
[15:00 7/30] 企業IT
開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電