上海問屋、スマホに取り付けて3D動画を簡単に撮れるレンズ

 

ドスパラは1月18日、スマホのカメラレンズ部分に装着すると、3D映像が撮影可能になる3D撮影レンズ「サンディー(DN-13619)」を、同社運営の「上海問屋」にて発売した。価格は税込1,299円。

サンディー(DN-13619)

使用イメージ

サンディーは、右目と左目で見える画像を、左右同時に並べて表示する「ステレオペア」方式の3D映像を撮影するための拡張レンズ。使い方は簡単で、iPhoneやandroidスマートフォンのレンズ部分を付属のレンズクリップで挟み、通常通り撮影するだけ。撮影した動画は、スマートフォン用のヘッドマウントディスプレイ(別売)を使用することで、立体的に見ることができる。

本体サイズは、レンズが約横6.7×縦3.7cm、クリップが約横6.5×縦1.9cm。重量は約30g。レンズとクリップは分離してコンパクトに持ち運べる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

加藤浩次、山本との"極楽とんぼ"復活を計画中「ライブの段取りしている」
[19:15 7/30] エンタメ
[鳥人間コンテスト]36チーム参加し琵琶湖で開幕
[19:13 7/30] エンタメ
ロック・リーも登場の舞台「NARUTO」開幕!ビジュアルポイなど新演出も
[19:00 7/30] ホビー
[極楽とんぼ・山本圭壱]10年ぶり地上波登場 古巣めちゃイケに
[18:56 7/30] エンタメ
「おそ松さん」甚平姿で音楽を楽しむ6つ子のグッズ、TSUTAYAにて販売
[18:47 7/30] ホビー