上海問屋、スマホに取り付けて3D動画を簡単に撮れるレンズ

 

ドスパラは1月18日、スマホのカメラレンズ部分に装着すると、3D映像が撮影可能になる3D撮影レンズ「サンディー(DN-13619)」を、同社運営の「上海問屋」にて発売した。価格は税込1,299円。

サンディー(DN-13619)

使用イメージ

サンディーは、右目と左目で見える画像を、左右同時に並べて表示する「ステレオペア」方式の3D映像を撮影するための拡張レンズ。使い方は簡単で、iPhoneやandroidスマートフォンのレンズ部分を付属のレンズクリップで挟み、通常通り撮影するだけ。撮影した動画は、スマートフォン用のヘッドマウントディスプレイ(別売)を使用することで、立体的に見ることができる。

本体サイズは、レンズが約横6.7×縦3.7cm、クリップが約横6.5×縦1.9cm。重量は約30g。レンズとクリップは分離してコンパクトに持ち運べる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

雨宮塔子「感慨深い思いでいっぱい」『NEWS23』でTBSレギュラー復帰
[07:00 7/26] エンタメ
広末涼子、湊かなえ原作ドラマ主演に! 姉との確執抱える主婦役
[07:00 7/26] エンタメ
高島彩、産休明けで立ち会い出産のエピソード語る - 3人目の意欲も満々
[07:00 7/26] エンタメ
多様な人材が働き続けるための課題とは? - 「JALなでしこラボ」が研究発表
[07:00 7/26] キャリア
「有給休暇取得をためらう」は子持ち正社員の6割 - その理由は?
[06:30 7/26] キャリア