伊紙、本田の献身的な姿勢を高評価「戦術に専念するためにプレー」

  [2016/01/18]

フィオレンティーナ戦にフル出場した本田圭佑(右) [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは17日に行われたセリエA第20節でフィオレンティーナと対戦し、2-0で勝利を収めた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。右MFでフル出場を果たした本田には「6」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「サイドバックの役割りを追加した事実上のウイング。さらにボールがない部分で強く戦術に専念するためにプレー。その役を立派にこなした」とディフェンス面や、ボールとは関係ない場面でもチームの為に献身的なプレーを見せた点を高評価している。

 ミランの最高点は先制点を決めたFWカルロス・バッカの「7」。また、その他の選手にも軒並み及第点が与えられた。

 ミランは次節、23日に敵地でエンポリと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」とは?
[13:00 5/31] 企業IT
レノボ、約999gの12.5型フルHDコンバーチブル2in1「Lenovo YOGA 900S」
[12:57 5/31] パソコン
安田成美、久々連ドラ主演は「差し入れに専念」田中直樹も絶賛のタイミング
[12:51 5/31] エンタメ
ガンダムも真っ青? ロッテ交流戦挑発ポスターが"スパロボ"風で話題に
[12:46 5/31] ホビー
太りにくい食べ方をすれば老けにくい? - 体の糖化を防ぐ食べ方とは
[12:37 5/31] ヘルスケア