東京都・竹芝で椿の花びらを味わえる「椿まつりフェア」開催

 

公益財団法人東京都島しょ振興公社は1月23日~2月29日、「伊豆大島椿まつりフェア」を伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ「TOKYO ISLANDS CAFE(東京愛らんど)」(東京都港区)で開催する。

「サバと明日葉パテの和風ハンバーガー」(税込600円)

同イベントは、1月31日から伊豆大島で開催する「椿まつり」に合わせて実施されるもの。期間中、店内では同地の食材を使ったオリジナルメニューや特産品を販売し、アンテナショップ店内には、写真家 川野恭子さんが撮影した伊豆大島の写真を掲出する。

オリジナルメニューは、「サバと明日葉パテの和風ハンバーガー」(税込600円)、大島バターと大島産の塩辛を使った「大島の塩辛とバターのキャベツ炒め」(税込500円)、大島産の椿油を使用した「絹さやとあさりのスパゲッティ 椿オイルのペペロンチーノ」(税込900円)など。

「絹さやとあさりのスパゲッティ 椿オイルのペペロンチーノ」(税込900円)

大島の名産椿の花びらジャムとあんこを使った「椿花びらジャムとあんこの2色どら焼き(もちもちみるく入り)」(税込700円)、ヨーグルトとクリームに花びらジャムを添えた「椿花びらジャムのパフェ風ヨーグルト」(税込700円)といったスイーツもドリンク付きで提供する。

「花びらジャムとあんこの2色どら焼き(もちもちみるく入り)」(税込700円)

伊豆大島の農産物直売所「ぶらっとハウス」からの、明日葉、キャベツ、サツマイモなどの農産物も販売。大島で栽培されている生花・ブバルディアや、「サバのあしたば和え」や「サバ燻製醤油」などの水産加工品も登場する。23日には、大島から農産物生産者が来店し、直売会も行う。

また、23日にはオープニングイベントを開催。第24代伊豆大島ミス椿の女王・山城愛弓さんのライブパフォーマンスや、バルーンアート体験コーナー、大島農産物生産者による特産品紹介を予定。参加料金は700円(椿花びらジャムのパフェ風ヨーグルト+ソフトドリンク付き)。参加申し込みは専用WEBサイトで受け付けている。開催時間は14時30分~15時30分。

また、神保町の「未来食堂」とのコラボレーション企画も実施する。フェア期間中は、大島銘柄のお酒の試飲が可能。さらに、2月の毎週水曜日は「伊豆大島Day」とし、ランチタイム(11時~14時)にて東京愛らんど広報事務局のスタッフがあんこ娘の衣装を着てもてなしをする。そのほかさまざまな特典も用意する。

そのほか、昨年に開設したレシピページ「東京愛らんどのキッチン」では、伊豆大島産の椿油や椿の花びらジャムを使ったレシピも発信している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ゼーガペインADP』、10/15上映! 入場者特典&初日舞台挨拶情報を公開
[19:10 9/29] ホビー
小麦・卵・ナッツ類不使用! 「尾西のライスクッキーいちご味」発売
[19:03 9/29] ヘルスケア
ZOTAC、水冷システム対応のGeForce GTX 1080搭載カード - 税別約11万円前後
[19:01 9/29] パソコン
長谷川豊、テレビ大阪の報道番組降板に - ブログで「不適切な発信」
[18:51 9/29] エンタメ
南キャン山里、日本の技術に感動「"魔法"や"奇跡"が作れる」
[18:44 9/29] エンタメ