東京都・丸ビルにズワイガニなど鳥取の旬食材を使用したランチが登場

三菱地所と鳥取県は、2月24日~3月2日にかけて、丸ビル1階のMarunouchi Cafe×WIRED CAFE(東京都千代田区)にて、シェフズランチ第14弾「鳥取のとっておき!"ごっつお"ウェルカニランチ」を開催する。

「紅ズワイガニたっぷり!まるごと鳥取丼」(1,200円・税別)

同イベントは、『楽しく、おいしく、学べる』メニューを提案する丸の内シェフズクラブの有名シェフがプロデュースしたシェフズランチ企画。和食、イタリアン、中華の有名店で腕を振るうシェフ3名が、現地で目利きして選んだ鳥取県の旬な食材を使用したオリジナルランチを提供する。

「紅ズワイガニたっぷり!まるごと鳥取丼」は、銀座寿司幸本店(丸ビル35F)の杉山衛氏が考案したメニュー。紅ズワイガニ、寒鰆(さわら)、大山(だいせん)ブロッコリーきらきらみどり、京谷さんちの人参、ねばりっこ(長いも)をトッピングしたちらし寿司で、鳥取の海の幸と山の幸を一度に味わえるという。

「あま~い白ネギのラグーと紅ズワイガニのスパゲッティ」は、アンティカ オステリア デル ポンテ(丸ビル36F)総料理長のステファノ ダル モーロ 氏によるランチ。鳥取県産の白ネギをじっくり煮詰めて甘みを引き出したラグーと、ガーリックオイルで和えた紅ズワイガニを使用している。

「あま~い白ネギのラグーと紅ズワイガニのスパゲッティ」(1,200円・税別)

「紅ズワイガニのふわふわかに玉丼 ~シェフ秘伝上湯風~」は、家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店(丸ビル36F)総料理長の袁家寶氏が考案した丼。シャキシャキした食感が特徴的な「ねばりっこ」を具材に使用し、ふんわりとしたカニ玉でとじた。大山ブロッコリーきらきらみどりと白ネギを添えている。

「紅ズワイガニのふわふわかに玉丼 ~シェフ秘伝上湯風~」(1,200円・税別)

価格はサラダ、ドリンク付きですべて1,200円。なお、土日のドリンクはプラス190円となる。各メニューとも、なくなり次第終了。提供時間は11:00~16:00(平日)l、10:00~17:00(土日祝)。

また、連動企画として、同シェフの店舗で鳥取県産の松葉がにや鳥取和牛などを使用した「シェフのレストランで楽しむ 鳥取のとっておき!"ごっつお"SPECIAL MENU」も同時開催する。

銀座寿司幸本店では、2月24日~3月9日までランチタイム限定で「スペシャル鳥取ちらし寿司」(2,500円)」を用意する。

アンティカ オステリア デル ポンテでは2月24日~3月2日まで、松葉がにや鳥取野菜を使った「ランチコース」(4,630円・サービス料別 ※1日10食限定)、家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店では2月24日~3月24日まで、鳥取和牛や紅ズワイガニを使用した「鳥取コース」(1万8,000円)を提供する。

※価格はすべて税別

※「Marunouchi Cafe×WIRED CAFE」の正式名称は、「Marunouchi Cafe」のCafeの「e」にアクセント記号が付く

人気記事

一覧

2016年12月4日の運勢

イチオシ記事

新着記事