ピーコ「中居くんの"ヒーコ"があったから…」- SMAPへの思い語る

ファッション評論家でタレントのピーコ(71)が、17日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~10:55)にゲスト出演し、SMAPの解散騒動に関してコメントした。

連日報じられる、SMAPの解散・分裂危機騒動。このことについてコメントを求められたピーコは、「中居くんの"ヒーコ"があったから、私はこんなところで生きてるんだと思う」と切り出し、SMAPへの思いを語りはじめた。"ヒーコ"は、中居正広(43)がフジテレビ系『SMAP×SMAP』で演じた、ピーコのパロディーキャラクターだ。

ピーコはまず「SMAPはアイドルグループ」とした上で、「40すぎてる男の人が、自分たちがいつまでやればいいのか、ずっとアイドルでやることができるのかとか、いろいろなことを考えながら生きてきたと思うの」とメンバーが抱えてきたことを推測。

それぞれの活動分野に微妙な違いが生じてきたことや売れない時代から支えてきたマネージャーの存在などに触れ、「そういう中で大人になっていく時に、『みんな一緒にがんばってやっていこうよ』という一言だけで済んじゃうことではないと思う」と持論を述べ、「騒がれるのは仕方がないと思うけど、そういう時に自分がどういうふうにしたいかを考えるためにも一番いい時期だったと思う」と前向きに解釈した。

番組内では、ダウンタウン・松本人志(52)が、前夜に中居正広と会い、「絶対に解散してはいけない」と説得したことを告白。その後、ピーコは司会の東野幸治(48)に「ちょっといい?」と断りを入れ、「松ちゃんの話聞いて」「それ以上、細かいことは言えないと思うけど中居くんどんな感じだったの?」と質問し、松本は「やっぱり彼は、SMAPをすごく大事に思ってますね」と断言。"中居くんの言葉を待て"を合言葉に静かに見守るファンにとって、少しだけでも安心できる貴重な情報だった。

今回を機に、"アイドル"というものをあらためて考えたというピーコ。「ファンを置き去りにしてるわよね」と落ち度も指摘しながら、「一人ずつが残っていけるかどうかを考えられる」とメンバーそれぞれの良い機会とも捉えていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事