香取慎吾と上野樹里の独身役に共感の声「心に刺さる」「他人事とは思えない」

TBS系列で17日、香取慎吾主演ドラマ『家族ノカタチ』(毎週日曜21:00~)の第一話が放送され、Twitter上で多くの共感の声が上がっている。

32歳バツイチOL・葉菜子を演じる上野樹里

香取演じる39歳独身の結婚できない男・永里大介を主人公に、パワフルな父親との親子愛バトル、32歳バツイチ女との独身バトルを通じて、家族と結婚を応援する同ドラマ。第一話では、大介が、念願のマンションを購入して新生活を始めるが、何年も会っていなかった父・陽三(西田敏行)が突然部屋に入り込む。一人が好きな大介は共同生活を嫌がり、ケンカが勃発。また、偶然出会った同じマンションに住むバツイチOL・葉菜子(上野樹里)とのバトルも一話から描かれた。

大介からは「俺は結婚には向いてない」「40過ぎると自分の習慣と結婚する」などと、独身こじらせ男ならではの発言が続々。葉菜子との言い争いの場面では、「同じ独身でも俺と君は違う。そっちは年々不利になっていくけど、俺は男だから若い嫁さんをもらえばまだまだ子だくさん家庭つくれる」というリアルなセリフも。また、葉菜子の家に転がりこんできた母・律子(風吹ジュン)が、「仕事ばっかりじゃダメよ。仕事人間になったらさみしい老後が待ってるわよ」と葉菜子に忠告する場面もあった。

30代独身男女とその家族のリアルなセリフに、Twitter上で「すごい共感できる」「上野樹里さんや香取慎吾さんの役すごく気持ちが分かるー。すごくわたしにぴったりのドラマ」「他人事とは思えない」などと共感の声が上がっている。

そして、「めっちゃ突き刺さりました」「数年後の自分を見ている様で辛い」「恋愛も結婚もする気配がない私は心臓痛すぎて泣いた」「将来の俺みたいで怖い」「30代独身趣味人にはキツイ」「心に刺さる」「拗らせてる独身の私としては、グサグサ刺さるセリフも多いけど来週も楽しみだー」と心に刺さった人が多いようだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事