東京オートサロン2016 - スズキ「アルト ワークス GP」、「GSX-RR」と並ぶ

 

幕張メッセで15~17日の3日間にわたり開催された「東京オートサロン2016」にて、スズキは新型「アルト ワークス」をベースに二輪のMotoGPカラーをまとった「アルト ワークス GP」をはじめ、計3台のカスタマイズモデルを参考出品した。

スズキ「アルト ワークス GP」

「GSX-RR」と並べて展示された

「アルト ワークス GP」は、二輪車レースの最高峰「FIM ロードレース世界選手権(MotoGP」の参戦車両「GSX-RR」をイメージしたカスタマイズモデル。ブルー基調のカラーリングに大型のデカールを配し、カーボン製のボンネット、6点式シートベルト、ロールバーを採用するなどロードレース仕様にカスタマイズすることで、「アルト ワークス」の刺激的な走りをよりいっそう高めたという。東京オートサロンの会場では、「アルト ワークス GP」と「GSX-RR」が並んで展示された。

昨年の東京モーターショーに参考出品された小型乗用車「イグニス」をベースに、カヌーなど水辺のアクティビティーを好むユーザーを想定した「イグニス ウォーターアクティビティー コンセプト」も参考出品。マットカーキメタリックの車体色にオレンジのアクセントを加え、内装もオレンジとカーキの専用カラーを採用した。アクティブイエローの車体色がアクティブな印象を与える「ハスラー ラフロードスタイル」は、クライミングやトレッキングなどの活動をイメージしたカスタマイズモデルだという。

「アルト ワークス GP」

「イグニス ウォーターアクティビティー コンセプト」

「ハスラー ラフロードスタイル」

新型「アルト ワークス」

東京オートサロンのスズキブースでは、これら3台のカスタマイズモデルのベース車である新型「アルト ワークス」や「イグニス」「ハスラー」に加え、新型「ソリオ バンディット」「エスクード」などの車両も展示。多くのファンの要望に応えて15年ぶりに復活し、昨年12月24日に発売されたばかりの新型「アルト ワークス」はとくに人気で、乗り心地を確かめようと多くの来場者が列を作っていた。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー