天丼てんや、霞ヶ浦産「わかさぎ」などを使った「早春天丼」を期間限定販売

 

「早春天丼」(830円)

天丼てんやはこのほど、「早春天丼」「華味鳥のとりつくね天丼」を発売した。

霞ヶ浦産「わかさぎ」を使用

「早春天丼」は、霞ヶ浦産の「わかさぎ」や、「イタヤ貝の小柱」「活〆あなご」などを盛り合わせた一品。

「わかさぎ」は、身が柔らかく、ほどよく脂がのった白身魚で、霞ヶ浦産を使用。うすごろもでカラっと揚げ、サクサクとしたてんぷらとホクホクした白身魚の食感を狙ったという。

「活〆あなご」は、やや長めに揚げることで、外はカラッしながら中はふんわりとした食感に仕上げたとのこと。830円(味噌汁付き・持ち帰り時には味噌汁の代わりにお新香付き)。

また、同天丼のうち「イタヤ貝の小柱」を除いた小天丼と、小そば/小うどんいずれかをセットにした「早春小町」は790円。販売期間は3月2日まで。

「華味鳥のとりつくね天丼」(690円・半熟玉子付き)

「華味鳥のとりつくね天丼」は、九州産の銘柄鶏「華味鳥」を使用。2枚の鶏天に加え、「つくね」「かぼちゃ」をご飯に乗せた天丼。650円(味噌汁付き)。半熟玉子付きは690円。販売期間は3月2日まで。

※価格はすべて税込価格

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー
「夏目友人帳 伍」は10月から!夏目とニャンコ先生の新カットも公開
[19:38 7/23] ホビー
東国原英夫vs上西小百合が因縁の生対決 - 27時間テレビ『バイキングSP』
[19:33 7/23] エンタメ
[長谷川博己]始球式“失敗”のゴジラをフォロー ナイスゴールで会場沸かす
[19:30 7/23] エンタメ